COMMUNITY

コミュニティ

高野 雲

高野 雲

音楽

ジャズ漬けの日々を送っているためか、日常を切り取る眼差しも無意識に「ジャズ目線」になってしまっているようです。古き良きジャズが持つ遊び心、抑圧をぶち壊すパワーに憧れ、座右の銘は「人生アドリブ」。何事も勢いとノリが大事だぜ!なんて嘯きつつ、いい年こいて自爆を繰り返す日々です。手垢のついたスタンダードナンバーに新たな命を吹き込むジャズマンのように、面白くなきことも面白く語れれば最高です。

高野 雲
高野 雲
管理人
プロフィール
ジャズをガソリンに音と活字を遊び倒す雑文屋。横浜本牧生まれの東京下町育ち。
10代後半ジャズに目覚め、勉強そっちのけでジャズ喫茶に入り浸る日々を送る。
ジャズベーシストに師事し、「ジャズ研」ではベースを弾きまくり、バイト先の老舗ジャズ喫茶ではコーヒーを出しながら「ジャズ耳」を鍛え、「ジャズ」と名のつく書籍・雑誌は片っぱしから読み漁る学生時代を過ごす。
出版社に就職後は、仕事の傍らジャズのレビューを自サイトや、音楽系Webサイト、フリーペーパーなどに書き散らし、2005年に邱永漢氏の公式ウェブサイト「Hi-Q」に「JAZZが好きだと答えてみたい~ダテから入ってツウになれ」への連載をきっかけに、『Swing Journal』や『ジャズ批評』などのジャズ専門誌にも寄稿を開始。
2008年に独立、フリーとなり、東京FMミュージックバードでラジオ番組「高野雲の快楽ジャズ通信〜What Is This Thing Called Jazz?」にて2年間メ インパーソナリティを務めジャズの魅力を発信。同時に、都内複数のイベントスポットやミュージックラウンジにて不定期にジャズ鑑賞会「音聴き会」を催す。趣味は映画鑑賞とガンプラ作り、電信柱&クレーンのウォッチング。
主著に『超!音楽鑑賞術』(ヤマハ・ミュージックメディア)、『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』(シンコーミュージック・エンタテイメント)がある。
個人サイト「カフェモンマルトル」http://cafemontmartre.tokyo/
は、ほぼ毎日更新。気軽に遊びにいらしてくださいね。
■ 「快楽ジャズ通信」http://jazzpleasure.seesaa.net/
コミュニティのカテゴリー
音楽
高野 雲
2019.09.12
先日の六本木ジャズフェスティヴァル、
無事に終了しました。
オープニングトークの模様、
動画でアップしていますので、
よろしければ、どうぞ。

https://youtu.be/CNP4BRW_17o
:
高野 雲
2019.09.08
スイスの貯水池にある巨大ダムの中で演奏!
それもバリトンサックス(あるいはアルトサックス)1本で。


ヴェルナー・ルディの『ルチェンドロ』。


パワフルなプレイ、
すごく深い音響です。

ジャズとして、ではなく、
巨大な音の構造物として聴くと吉♪


▼解説動画
https://youtu.be/63oTBFbpoFQ





:
高野 雲
2019.09.01
いよいよ、今週の土曜日(9/7)に、
六本木にてジャズ祭「Jazz 2.0」が催されます。

東京にお住まいの方、
東京にいらっしゃる方は、
ぜひ六本木にいらしてくださいませ。

https://expo.jazz2-0.com/
:
高野 雲
2019.08.25
アマゾンの火災、大丈夫なんだろうか?
などと考えているうちに、聴きたくなってしまったのが、ウェイン・ショーターの『モト・グロッソ・フェイオ』。

意味はアマゾン河。

フリージャズ一歩手前な肌触りの演奏かもしれませんが、チック・コリアが叩き出すマリンバの音色が心地よし。

https://youtu.be/sFO9-G0cODg
:
高野 雲
2019.08.11
暑い夏を吹き飛ばすアルバム2枚を紹介!

動画で解説もしています。

▼ムーヴ・ユア・ハンド/ロニー・スミス
https://youtu.be/siyT23A9EAE

▼トム・キャット/リー・モーガン
https://www.youtube.com/watch?v=oH7QbGJ3seM
:
高野 雲
2019.08.06
暑い夏は辛いカレー!

ということで、
私がよく行くカレー屋さんは、
神保町にある「エチオピア」というカレー専門店です。

ここは70倍まで辛さを選択することができるのですが、
もちろん、普通の辛さでもおいしいのですが、
私の場合は、だいたい40倍以上の辛さにしています。

辛くなっても、きちんとスパイスの風味とコクがあり、
しかも、暑い夏こそ、体内が辛さでスッと爽やか!

http://cafemontmartre.tokyo/etiopia_curry/
:
高野 雲
2019.07.27
今年の9月7日、8日に、六本木にて「六本木ジャズフェス2.0」が開催されます。

その際、六本木のジャズクラブ「サテンドール」にて、オープニングトークをさせていただくことになりました。


2019年9月7日(土)
16:00~16:30
司会進行:濱田真秀(Jazz2.0株式会社代表取締役社長)

ジャズにちょっとでも興味のある方がいらっしゃれば、9月上旬の週末、ぜひ六本木にいらしてください。

イベントについて詳しくは、下記サイトをご覧ください。
▼Jazz 2.0
https://jazz2-0.com/

▼会場:六本木サテンドール
https://www.satin-doll.jp/

▼YouTubeでも軽くジャズフェスについて語っています
https://youtu.be/I9xPafipX80
:
高野 雲
2019.07.19
最近、ヤフオクにハマッていて、
というか、やり方がだんだん分かって(慣れて)きました。

ですので、
押入れの奥のほうに「死蔵」された、
昔買って、結局作っていないプラモを
どんどんオークションに出品しています。

手放すのは惜しいけれども、
中には、20年、いや30年以上も前に買いこんで、
後生大事に持っているプラモも多数ありまして、
「いつか」作るつもりだったんですが、
その「いつか」がこないまま今日に至るという感じ、

であれば、欲しい人の手に格安で渡ったほうが
プラモのためでしょうと思い、
少しずつですが、昔のプラモや完成品を
オークションに出品しています。

中にはレアものもありますので、
ご興味ある方は、
出品中のものをブログに掲載していますので、
▼チェックしてみてください。
http://cafemontmartre.tokyo/yahoo_auction/
:
高野 雲
2019.07.02
年末からYouTubeをしこしことアップしていますが、
その中でも、ジャズのアルバムのレビューを365日ぶん紹介するという
ある意味「荒業」に挑んでおりまして、
先日、ようやっと、
「6月30日のジャズ」をアップ。
これで1年の半分が終了。
ようやく折り返し地点です。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL_txnj6R...

よろしければ、ご覧になってください。

:
高野 雲
2019.06.23
明日発売される『ジャズ批評』の特集は、
「ブルーノート総選挙」です。


名門レーベルブルーノートが過去に発表して
膨大なアルバムの中から
ベストを決めようという特集です。


私も10枚セレクトして、投稿&寄稿しております。


ブルーノート、名前だけは聞いたことがあるけど、
いったい、どんなジャズのレーベル?

なんとなくでもご興味をお持ちのかたは、
これを機会に、
ジャズ批評誌面で発表されている
ランキングの中から、
よさそうなものを選んで聞いてみるのも良いかもしれませんね。

上位のアルバムはハズレなし。

すべて素晴らしい作品ばかりです。
:
高野 雲
2019.07.07
おそらくは、曲名や作曲者は知らなくても、
「あのメロディ」を耳にすれば、
「ああ、あれね!」と誰もが膝を打つであろう名曲
《レフト・アローン》。

胸を打つアルトサックスと、
切ないメロディ。。

これが収録されたマル・ウォルドロンのアルバム
『レフト・アローン』の解説動画を
アップしました。

▼こちら
https://youtu.be/XT5zyts4NFE

ただ、《レフト・アローン》は、
たしかに名曲ではあるんですが、
作曲者、マル・ウォルドロンのピアノの本質は、
もっと、深いというか黒くて暗いというか、
そういう側面もありまして、
このアルバムは、
慣れてくると、むしろ、
《レフト・アローン》以外の演奏のほうが
魅力的だったりもするのです。

:
高野 雲
2019.06.09
YouTubeに、私が学生の頃に組んでいたバンドの練習音源をアップしてみました。


https://youtu.be/C3p0CX1AH9A


半年ほど続いて、すぐに解散しちゃったバンドなんですが、
その時のキーボード(ピアノ)が、
なんと、十数年後、本当にプロピアニストになっちゃって、
主にジャズのフィールドで活躍しているので、
びっくりしましたね。

もちろん、その当時バンドしていたときの我々は
アマチュア。

私なんてアマチュアもいいところで、
ベース買って数日後にはスタジオで演奏していたという無茶苦茶ぶりです。

なので、音源そのものは、とても稚拙な演奏なんですが、
それでも、今聴くと、ピアノだけは光ってる。

やっぱり、プロになる人は、最初から持ってるものが違うのかなぁ、なんて思いますが、いや違う、相応の努力の結果だったのだと思います。
:
高野 雲
2019.06.08
最近のYouTubeに定期的にコメントをくださる方には、
文学にも造型が深い方もいらっしゃるようなので、
私なりの文学感ってほどでもないけど、
芥川龍之介や村上龍について語ってみた動画をアップしてみました。

▼こちらです。
https://youtu.be/aStg45FZlJc
:
高野 雲
2019.05.27
YouTubeの動画投稿、ジャズ解説、
5月分、すべて終了しました。

よろしければどうぞ。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL_txnj6R...
:
高野 雲
2019.05.16
最近、わりとマメにtwitterでつぶやいています。

若い人はインスタグラム、
リア充な高年層はフェイスブックと、
同じSNSでも、
世代によってわりと分布や用途が異なっているようですが、
いまのところtwitterが一番広範でフラットなのかな、と。

よかったらフォローしてくださいね♪
https://twitter.com/JAZZkumo

:
高野 雲
2019.05.05
YouTubeへの動画、
1日に1~2本のペースでアップすることを
淡々と続けていますが、

ようやく、「ジャズ365日」の
4月分のアップが完了しました。

▼こちら
http://morimo2.info/vu4o


ぜひ、お時間ある時に、
興味のあるところから
お聴きいただければと思います。


それにしても、
1日1枚、365日分の
ジャズのアルバムを紹介するという企画、
軽い気持ちで始めてみたものの、
けっこう大変です……。

でも、ようやっと1年の1/3が終了。

この調子で残り2/3もアップしていきたいと思います。


:
高野 雲
2019.04.28
今年は
ジャズピアニスト、ビル・エヴァンスの生誕90周年でもあります。

これを記念した特集の『ジャズ批評』。

わたしが選ぶエヴァンスの3枚に寄稿していますので、
ぜひご覧になってください。


▼動画でも特集の内容を紹介しています。
https://youtu.be/1-D8WbZSsoU

:
高野 雲
2019.04.25
現在、ジャズピアニスト、セロニアス・モンクの生涯を解説した動画を
YouTubeにアップしています。


最初は軽い気持ちで、
2~3回くらいでサクッと終わらせるつもりだったんですが、
喋りだしたら止まらない(汗)。


いったい、あと何回話せば終わるのか、
自分でも皆目検討がつきませんが、

なかなかユニークなピアニストですし、
当時のアメリカの社会状況を交えながら話していますので
(現在の時点では1930年代後半から40年代前半あたり)
近代史に興味のある方も、
よろしければ、聴いてやってくださいまし。


▼セロニアス・スフィア・モンク
 〜モンクの名前について
https://youtu.be/0n2O3i2x2a8

▼セロニアス・モンクの幼少期
 〜ロッキーマウントからニューヨークへ
https://youtu.be/buYMt51EUOs

▼ピアノを始めた少年モンク
 〜アマチュア時代のセロニアス・モンク
https://youtu.be/3mxbl_tbmfU

▼セロニアス・モンクの修行時代
https://youtu.be/qu7eoUWHBAY

▼「ミントンズ・プレイ・ハウス」の
 ハウスピアニストになったセロニアス・モンク
https://youtu.be/S8imkp4JdfY

▼セロニアス・モンク、ミントン・ハウス、
 1930年代後半のニューヨーク
https://youtu.be/Z55TgEUsRDs
:
高野 雲
2019.04.21
ジャズなんて聴いているのは、
オヤジな世代ばかり

そう思っていたら、
先日、私のYouTubeのチャンネルに若い方からコメントがきました。

嬉しくて、それをネタに再び
動画アップ。

▼こちら
https://youtu.be/H1LOd9LMjkI


そしたら、今度はこの動画に
高校生の方からもコメントが来るなど、
なんだかんだいって、
聴いている人は聴いているんですね、
どの世代にも。

:
高野 雲
2019.04.13
シティボーイとイケオジは 珈琲、カレー、そしてJAZZを好む


珈琲もカレーもJAZZも好きな私にとっては、
まさに、ビビッとくるPOPでした。

やったー、俺ってイケオジ??


三省堂・神田本店の音楽書コーナーにて。



▼感想動画はこちらです♪
https://youtu.be/6rJGJm-fnBE

:
戻る
ページトップ
close

デリケートなシルクは、
日頃のお手入れが大切です。
「さがす」ケアメンテ事例集
素材:シルクで検索すると・・・