クリーニングの駆け込み寺ハッピーケアメンテ。高級な衣服をケアメンテしています。
TECHNOLOGY

ケアメンテ®の技術

マッキントッシュ

マッキントッシュを
あきらめていませんか?

マッキントッシュのゴム引きコートやジャケット。
洗濯絵表示を見ても洗うことは禁止されています。
しかし!ハッピーのケアメンテ技術ならあきらめる必要はありません。

マッキントッシュとは?

マッキントッシュとは?

1822年、イギリスのチャールズ・マッキントッシュによって発明されました。
2枚の生地の間に天然ゴムが圧着された構造になっています。
このクロスには、ゴワゴワ感、独特の張り感があり美彩色を出せるのが特徴です。
また、完全防水のために縫い目の裏側に防水テープが貼られて、水分の浸入を防ぐように作られています。
ところが、水の浸入を防ぐための防水テープが、ドライクリーニング溶剤で剥がれて着用に耐えられなくなるというのが最大の欠点です。
しかし、近年では改良が加えられて、洗浄における耐久性も良くなりましたが、 それでもメンテナンスする我々にとって要注意の繊維素材であると言えます。

マッキントッシュをケアメンテ

マッキントッシュのコートを丸洗いするのは大変難しく、基本的には洗浄不可の素材といえますが、ハッピーでは世界で初めて開発した「無重力バランス洗浄」の独自技術により、まったく負荷をかけずに洗浄できるようになりました。
掲載記事は、「MEN’S CLUB 3月号(複製許諾)」に掲載されたものでビフォー&アフターでは一目瞭然です。くすみが消え、生地の発色がよくなり、全体にスッキリとした仕上がり感があり、風合いも損なわず、ラバーコーティング独特の硬さは健在です。

アシェット婦人画報社発行「MEN’S CLUB 3月号」より

マッキントッシュ料金一例
[アクアドライ(基本洗浄)のみ]

ハーフコート ¥7,000~(税抜)
コート ¥8,400~(税抜)
ロングコート ¥11,000~(税抜)

close

デリケートなシルクは、 日頃のお手入れが大切です。 「さがす」ケアメンテ事例集 素材:シルクで検索すると・・・

戻る
pagetop