クリーニングの駆け込み寺ハッピーケアメンテ。高級な衣服をケアメンテしています。
CORPORATE

会社情報

ハッピーケアメンテ トップ

会社情報

環境への取組み

無重力バランス洗浄による環境保護

無重力バランス洗浄による環境保護

省エネとCO2の削減は、
ドライクリーニングを少なくすること!!
それには、『水』で洗う
『無重力バランス洗浄』

● ドライクリーニングで使用する石油系有機溶剤、塩素系有機溶剤を削減する。(溶剤の製造過程で大量の熱源(重油)が使用されている。)
● クリーニング全体の50%が乾燥に使用されている重油の消費量を削減する。
● 衣服の寿命を長持ちさせることで、衣服の製造を削減する。

なぜ、ドライクリーニングを
するのか?

全体クリーニング量の70%程度がドライクリーニングされている!!

なぜ、ドライクリーニングをするのか?

MA値 10

繊維・シルエットにダメージを与えない。
→ 仕上げにコストがかからない。※但し、汚れ落ちがよくない。

なぜ、水洗いをしないのか

MA値 40以上

汚れ落ちは良いが、繊維・シルエットのダメージが大きい。着用できなくなる。
→ 仕上げにドライクリーニングの数倍のコストがかかる。
水洗いが敬遠されていた。

無重力バランス洗浄で水洗い不可をなくして省エネ(重油の削減、CO2の削減)

MA値 5

水洗いの汚れ落ちが良く、繊維・シルエットにダメージがない。
→ ドライクリーニングと同等の仕上げコストですむ。衣服を長持ちさせる(ECO)
高付加価値 無重力バランス洗浄で未来の洗浄方法

MA値とは

MA値とは

洗濯機の物理的機械力の強弱を評価する基準として、デンマーク技術研究所で開発されたMA(Mechanical Action)洗浄テストで測定される値です。
MA洗浄テストでは、布の中心と四隅に直径35mmの丸い穴を5つ打ち抜いた25センチ角の平織り綿白布によるMAテスト布を使用します。
このMAテスト布を洗浄した後、その5つの穴の縁のほつれた糸の総数を測定し、MA値が求められます。
数値が小さいほど、繊維へのダメージの小さい洗浄となります。
MAテストによるダメージ比較

『衣服を長持ちさせること』が
省エネ

ドライクリーニング

シミが残り、衣服の寿命が短くなる。乾燥工程で重油やガス等の化石燃料を大量使用。

無重力バランス洗浄(水系洗浄)

捨てられる運命の衣服を長持ちさせる。重油やガス等の化石燃料を使用しなくてすむ。

衣服の使い捨ては、省エネにはならない。
衣服を長く着回せることがエコそして、CO2を削減する。

『衣服を長持ちさせること』が省エネ

省エネの取り組み成果として(当社比)

  • ① 無重力バランス洗浄装置の導入前後を燃料使用量(重油、ガス)で比較した。2007年の導入前を100として、無重力バランス洗浄装置を導入後の2011年の燃料消費量は、2007年の25%~30%が削減できた。
  • ② サービス業でありながら生産現場を完全週休2日にして生産ラインを止めた。その他、節電などによって光熱費(電気代)を約20%ダウンさせた。売上げは対昨年比で20%アップを維持。(2010年と2011年対比)
  • ③ 集荷した段ボールはリサイクル業者に回収してもらい100%リサイクルを達成している。

2012年2月末現在

自然循環型新産業

ハッピーは自然循環型の
ケアメンテ新産業を創出します。

ハッピーの考える地球環境保全
リサイクル + リデュース + リユース = ロングライフ(L.L.)
衣類を長持ちさせることは地球環境保護に役立ちます。

使わなくなった衣類を原料に戻して、別の製品を作る「リサイクル」は大きなエネルギーを消費します。
それに対して、汚れてしまったり使えなくなった衣類を正しくメンテナンスする「リユース」はエネルギー消費が少なく、最も環境に優しいと言えます。
ハッピーのケアメンテサービスはお気に入りの洋服を永く楽しむことのできる究極の自然循環型産業です。
環境と洗浄の世界大会(ハッピー主催)

ドライから水系洗浄へ

ドライクリーニングの環境問題

クリーニングは、ドライクリーニングと水系クリーニングの2つに分けられます。
ドライクリーニングは、繊維に優しいのが長所ですが、環境負荷が大きい点が社会問題になりつつあります。ドライクリーニングで使用する石油系溶剤には、光化学スモッグの原因となる光化学オキシダントが含まれます。また、塩素系有機溶剤は発ガン性物質です。
ドライクリーニングの溶剤を使用し続けると、大気汚染・土壌汚染・地球温暖化など環境や人体に悪影響を及ぼします。これは、世界保健機構(WHO)も結論付けています。水系クリーニングは、ドライクリーニングに比べると地球環境に優しい洗浄方法といえるでしょう。※ただし界面活性剤に要注意。

ドライクリーニングと水洗いの洗浄力

衣類に付着するシミ・汚れの観点からもクリーニングを考察してみましょう。
私たちが、日常着用している衣類に付着するシミ・汚れの90%以上が水溶性です。汗、尿、血液、泥はね、食べこぼし雑菌等のシミ・汚れはほとんどが水溶性なのです。水溶性のシミ・汚れは、ドライクリーニングでは除去しにくく、水系クリーニングが理想的な洗浄方法です。
ところが、従来の水系洗濯では、たたく、捻る、撹拌など、物理的な外力によって汚れを落とします。このため、ウール・カシミア・レーヨン・シルクなどの素材は、収縮・膨潤・形崩れや風合いの変化(フェルト化など)を起こします。大切な背広やコートなどの型が崩れて、元のシルエットやサイズに戻せなくなることから、水系クリーニングは一般的に難しいとされてきました。

ハッピー無重力ゼロGで水洗いを主役に

そこでハッピーは、既存の水洗技術が抱える問題を克服する「無重力バランス洗浄」を開発しました。
実験で洗った布地(ウール)の表面は、まったく痛みがありません。摩擦係数を測定する装置で分析したところ、新品のウール繊維と変わらない良好な結果を得ることができました。
ハッピー無重力バランス洗浄によって、ドライクリーニングの特徴である繊維を傷めない洗浄が、水系クリーニングでも可能になりました。
もちろん、水系クリーニングの特徴である水溶性のシミ・汚れがキレイに除去できます。さらに、前記したようにドライクリーニングより環境に優しい点も見逃せません。結果、「ドライクリーニングから水系クリーニングへ移行していくべきである」と、私たちは考えます。
ハッピーは「ドライから水系洗浄へ」を推進していきます。
無重力バランス洗浄技法

ケアメンテはリユースの考え方

リサイクルからリユースへ

使わなくなった衣類を原料に戻して、別の製品を作る「リサイクル」は大きなエネルギーを消費します。
対して、汚れてしまったり使えなくなった衣類を正しくメンテナンスする「リユース」はエネルギー消費が少なく、最も環境に優しいと言えます。

着倒れ京都から世界へ
「衣服を大切にする」を発信してまいります。
衣服は、大切な資源です。
だから、やっぱり『ケアメンテ』です。

リユースはリサイクルに比べ、エネルギーの消費、再生加工途中の廃棄物が少なく、地球への負担を少なくします。

リサイクルからリユースへ

ハッピーのリユース(ケアメンテ)で
おしゃれな『着まわし文化』を
楽しむことができます。

ハッピーは自然循環型の
ケアメンテ新産業を創出します。

環境に対する
ドライクリーニングの影響を考える

6月5日と6日の2日間、京都大学において「第13回 地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会」が開催されました。ここで、株式会社イー・アール・エスの佐藤さんから「ドライクリーニング溶剤による土壌・地下水汚染に対する制度を利用した対策・管理および未然防止」と題した研究発表がおこなわれました。
佐藤さんは欧米のブラウンフィールドに関する調査を実施しているなかで、海外におけるドライクリーニングサイトの環境・経済問題、そしてその問題解決の仕組みに関心をもったということです。ドライクリーニング溶剤による環境汚染にご関心のある方は、報告書をご覧下さい(PDFファイル参照)。
これまでHappyはドライクリーニングによって生じる環境汚染について問題提起をしてきました。今後も継続して、地球環境汚染と健康被害を防止するため情報の発信を行っていきます。

close

デリケートなシルクは、 日頃のお手入れが大切です。 「さがす」ケアメンテ事例集 素材:シルクで検索すると・・・

戻る
pagetop