クリーニングの駆け込み寺ハッピーケアメンテ。高級な衣服をケアメンテしています。
CORPORATE

会社情報

企業情報

設立 平成14年1月21日
日本全国の顧客(消費者)に衣服のケアメンテサービスを提供する専門会社として設立する。
商号 株式会社 ハッピー
取締役 代表取締役  橋本 英夫
取 締 役  橋本 匡央
  同    増田 哲也
  同    工藤 裕義
事業所 本社
〒611-0041
京都府宇治市槙島町目川70番地の1
TEL: 0120-88-6868 FAX: 0120-88-3937
Eメール: happy@kyoto-happy.co.jp

資本金 5350万円
事業内容 衣服再生産業「ケアメンテ」
主取引銀行 京都信用金庫、京都銀行、京都中央信用金庫、滋賀銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行
事業構造 【コンセプト】
・使い捨てから使い続ける価値を提案。大切な衣服を長く楽しむ新習慣「ケアメンテ」
・地球環境保全(省エネ・CO2削減)に貢献する。

【戦 略】
ケアメンテサービスを世界標準にする。

【マーケティングからの考察】
●お客様の困りごとを「解決」する
クリーニングサービスの1兆円市場(1992年)が3千5百億円(2016年)に激減している。
このままでは、クリーニングサービス産業が消滅するという危機感がある。
クリーニングサービスは、消費者の支持を得られていない(2人に1人が不満)。
よって、従来のクリーニングの概念にない衣服のメンテナンスサービスを創造しなければならない。
クリーニングの市場が激減している最大の原因には、主に「ドライクリーニングに頼る技術的課題」と「仕組み的課題」が考えられる。

技術的課題
シミが落ちない・ニオイがする・後から黄ばむ、風合いが変わる・シルエットが崩れる…ほか多数
→ 水を使えば解決するが、水洗いは衣服に致命的なダメージを与えるなどの問題が生じる。
→ このような二律背反の問題をクリアすれば、技術的課題が克服できる。
⇔ 「無重力バランス洗浄」方法を発明して国内・海外で特許化
⇔ 再生・再現・修復技術の確立(ノウハウ)

仕組み的課題
衣服を預けるとクリーニング店で紛失されてしまう問題。
→ 管理ができていないことに起因している。
⇔ IT・ICTによって、商品・生産工程(同期化)・販売・会計管理を徹底した一元管理において課題解決を図る。

●サービスイノベーションを起こして「ケアメンテサービス産業」を創出する
… 新市場の創出
… 技術的・仕組み的課題を解決する「ケアメンテサービス」を持続可能な成長根幹に置いて、経営の行動指針とする

※技術的・仕組み的課題は、国民生活センターへ持ち込まれたトラブル統計指標に基づく。
経営戦略 【人 材】
経営の安全と成長を図るために財務・技術研究・情報処理システムの専門職分野に専門職役員を登用し活性化を図っている。ITを活用した客観的な考課により、能力のある人材(財)は、ライフステージに合わせてパートから正社員への登用、昇進、昇格を積極的におこなっている。
【技 術】
模倣を防止するため一部の生産技術について特許化(周辺特許の取得含む)をおこなうが、ノウハウは特許化せず独自の技術を確立。
【生 産】
ハッピー電子カルテシステムのデータベースによって全業務を一元管理し生産効率を極限に高めている。

平成29年11月1日現在

戻る
ページトップ
close

お気に入りの洋服にワインが・・・!

「さがす」ケアメンテ事例集

ワインのシミで検索すると・・・?