クリーニングの駆け込み寺ハッピーケアメンテ。高級な衣服をケアメンテしています。
ハッピー ケアメンテ
ハッピー ケアメンテ
COMMUNITY

コミュニティ

高野 雲

高野 雲

音楽

ジャズ漬けの日々を送っているためか、日常を切り取る眼差しも無意識に「ジャズ目線」になってしまっているようです。古き良きジャズが持つ遊び心、抑圧をぶち壊すパワーに憧れ、座右の銘は「人生アドリブ」。何事も勢いとノリが大事だぜ!なんて嘯きつつ、いい年こいて自爆を繰り返す日々です。手垢のついたスタンダードナンバーに新たな命を吹き込むジャズマンのように、面白くなきことも面白く語れれば最高です。

高野 雲
高野 雲
管理人
プロフィール
ジャズをガソリンに音と活字を遊び倒す雑文屋。横浜本牧生まれの東京下町育ち。
10代後半ジャズに目覚め、勉強そっちのけでジャズ喫茶に入り浸る日々を送る。
ジャズベーシストに師事し、「ジャズ研」ではベースを弾きまくり、バイト先の老舗ジャズ喫茶ではコーヒーを出しながら「ジャズ耳」を鍛え、「ジャズ」と名のつく書籍・雑誌は片っぱしから読み漁る学生時代を過ごす。
出版社に就職後は、仕事の傍らジャズのレビューを自サイトや、音楽系Webサイト、フリーペーパーなどに書き散らし、2005年に邱永漢氏の公式ウェブサイト「Hi-Q」に「JAZZが好きだと答えてみたい~ダテから入ってツウになれ」への連載をきっかけに、『Swing Journal』や『ジャズ批評』などのジャズ専門誌にも寄稿を開始。
2008年に独立、フリーとなり、東京FMミュージックバードでラジオ番組「高野雲の快楽ジャズ通信〜What Is This Thing Called Jazz?」にて2年間メ インパーソナリティを務めジャズの魅力を発信。同時に、都内複数のイベントスポットやミュージックラウンジにて不定期にジャズ鑑賞会「音聴き会」を催す。趣味は映画鑑賞とガンプラ作り、電信柱&クレーンのウォッチング。
主著に『超!音楽鑑賞術』(ヤマハ・ミュージックメディア)、『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』(シンコーミュージック・エンタテイメント)がある。
個人サイト「カフェモンマルトル」http://cafemontmartre.tokyo/
は、ほぼ毎日更新。気軽に遊びにいらしてくださいね。
■ 「快楽ジャズ通信」http://jazzpleasure.seesaa.net/
コミュニティのカテゴリー
音楽
高野 雲
2018.08.18
旧・ソビエト連邦の宇宙飛行士。


宇宙ステーションで仕事中にソビエトが崩壊。
国はゴタゴタ。


ゆえに、地球への帰還は無期限延期!
w(゚ロ゚;w


家族はどうなる!?
そして、自分は?!


宇宙ステーションと交信しているうちに、
いつの間にか仲良くなった
キューバの大学教授が地球に還れなくなった「親友」を救おうと動き出す。


実際にあった出来事が、
アメリカ、キューバ、スペイン合作の映画になりました。


タイトルは、
『セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!』。


これは面白そう。


年末に公開される予定だそうです。


▼作品データをアップしました
http://cafemontmartre.tokyo/video/movie/sergio_...

:
高野 雲
2018.08.10
『リメンバード・ライヴ・アット・スウィート・ベイジル』のレビューをアップしました。


▼こちらです
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/dolphy_l...


アルトサックス奏者、ドナルド・ハリソンの澄んだ音色に魅了されてください。


そして、もしこのアルバムが好きになったら、
ぜひ、エリック・ドルフィーとブッカー・リトルの
『アット・ザ・ファイヴ・スポット』というアルバムも聴いていただければと。


私が大好きなジャズアルバムの5本指に入る作品です。

▼アット・ザ・ファイヴ・スポット vol.1 /エリック・ドルフィー
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/dolphy_5...


:
高野 雲
2018.08.10
延々と続いていた猛暑も、東京は今日の小雨でひと段落。


雨降りの時に聴きたくなるジャズの1枚に、
スー・レイニーの『雨の日のジャズ』があります。


スー・レイニーの歌声が、
まさにレイニーなのです。


バックのアンサンブルはちょっとゴージャス過ぎる感じがしなくもないのですが、
スーのヴォーカルを彩る管楽器は、複数のトロンボーンとフルートという2種類のみ。


なかなか面白い編成の演奏も楽しめるアルバムなのです。




▼昔書いたレビューです♪
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/songs_ra...

:
高野 雲
2018.07.24
よくジャズは「大人の音楽」だと言われますが、
それは、「大人っぽい店でかかっている大人っぽい音楽」だからという
表面的なことではなく、

おそらくは、年とともに染みてくる要素の多い音楽だからだと思います。


もちろん若い感性にビビッとくる要素も多いのですが、
若い頃には気が付かなかった
心の琴線に染みてくる要素は、
年とともに増えてくるものだと思います。


最近、心の臓腑に染み込みはじめているジャズが、コレ。

トランぺッター、マイルス・デイヴィスと
アレンジャー、ギル・エヴァンスの素晴らしいコラボ作品である
『スケッチ・オブ・スペイン』です。


熱いスペインの情景がオーケストラが描写しつつも、
マイルスのトランペットが放つ絶望的な寂寥感は、
40度越えの猛暑も容赦なくクールダウンしてくれるのです。



▼レビュー書きました。
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/sketches...





:
高野 雲
2018.07.15
『フリースタイルダンジョン』というラップバトルの番組を毎週楽しみにみています。

ジャズとヒップホップ。

ジャンルは違いますが、
限られた時間(小節)の中で、
頭脳と技量の最大限を尽くし
即興で最良のアウトプットをしようとする行為は、
ジャズのジャムセッションにも通ずるところがあります。

そして、彼らヒップホップのMCたちの表現様式や、
表現のアプローチも一人ひとり異なり、
それが、ジャズマンに通じるところもあることに気が付きました。

音楽に限らず、どの芸術分野においてもそうなのかもしれませんが、

そのジャンルの枠内にとどまる人、
枠からはみ出そうとする人、
枠を壊して新たな価値を創出しようとする人、
枠外から新たな要素を注入しようとする人など、
様々なタイプに分けられると思います。


ヒップホップ好きや
フリースタイルダンジョン好きさんが
ジャズにも興味を持ってもらうと良いなと思い、
こんな記事を書いてみました。


▼フリースタイルダンジョンのモンスターを無理やりジャズマンに当てはめてみた
http://cafemontmartre.tokyo/music/freestyledang...


:
高野 雲
2018.06.17
オスマントルコ全盛期、
スレイマン大帝のもとで
膨大な数の建築を手がけた男、ミマール・シナン。


この本は、特に世界史やイスラム圏の文化に興味がなくとも、
まるで水彩画のような筆致が美しく、
一気に最後まで読みすすめてしまうことが出来ます。


おすすめ!


▼感想をアップしています♪
http://cafemontmartre.tokyo/books/novel/mimar_s...
:
高野 雲
2018.06.05
金曜ドラマ『執事 西園寺の名推理』観ながらメモを更新しました。

http://cafemontmartre.tokyo/video/drama/shitsuj...

第6話はピアノネタ。

まさか、フォークやロックでもおなじみの7thコードや9thコードをクラシックの曲にほんのちょっと混ぜて弾いただけで、
名執事の上川隆……いや、西園寺さんが、
「あなたは、クラシックではなくジャズをやりたいのでは?」と尋ねるところには仰け反りました(笑)。


クラシックの曲を勝手に変えて弾くことは、作曲者に対しての冒涜だ!
うん、たしかに「クラシック文脈」からすれば、その意見にはうなずけます。

しかし、ひとたびそれが「ジャズ文脈」になると、
「素材いじって何があかんの?」となります。

基本、ジャズマンは料理人です。

既存の曲は、すべて素材です。

素材をおいしく調理できれば、
先祖代々脈々と伝わってきた調理法じゃなくたって別にイイんです。

自己のオリジナリティをどう表出させるか、
それにこだわるのがジャズですから。

演奏よければ、すべて良し。
それがジャズ。

リンク先の山中千尋さんの演奏をどう感じるかが、
あなたの「ジャズ度」を測る試金石になるかもしれません。

▼こちらを是非ごらんになってください
https://www.youtube.com/embed/OGY3xFfrPx4

:
高野 雲
2018.05.14
日々、1時間はガンプラを作る時間を設けているので、
ここのところ、
猛烈な勢いでガンプラの完成品が増えてきています。

正直、作ってしまえばそれで満足。

気に入って手元に残しておきたい作品は、
10個に1つ、あるかないかです。

アーティスティックな陶芸家だったら、
完成した坪や茶器に満足がいかなかったら、
トンカチで割ってしまうのでしょうが、
私にはそんな度胸も潔さもありません。

なので、最近は、ヤフオクに格安で出品することにしています。

捨てるよりは、欲しい人に格安で提供できればいいかなという思いから、
開始価格は、だいたい1円か10円か100円のことが多いです。

ところが、面白いことに1円で出品した作品ほど、
高値がつくんですね。

逆に1000円で出品した商品は、
そのままの価格で落札ということが多いです。

面白いですね。


現在出品中のものは、
▼こちらからをご覧ください。
http://cafemontmartre.tokyo/work/model/gunpla/y...

:
高野 雲
2018.04.25
設備、システム、サービスの内容など、
どんなに「ハード」面が優れていても、
結局、それを運用する「人」いかんで、
組織は良くもなり、悪くもなる。


そのような基本的だけど
ものすごく重要なことを、
ビジネス雑誌を編集していた頃、
多くの企業を取材させていただいた際に
痛感しました。


結局は「ハード」じゃなくて「ハート」なんだと。


建てつけの悪い雑居ビル内にオフィスがあり、
お世辞にも最先端とはいえない設備の仕事場でも、
意外にも(?)、その会社は順調に業績を伸ばしていたり、
同様に、「最先端」というイメージからはほど遠い職場の会社でも
何十年も生き残っている企業も珍しくありませんでした。

むしろ、「デラックス」で、「最先端」で、
「ハイソ」なイメージのところのほうが
急激に業績が落ち込んで……、ということのほうが多かったかも?


やはり、見た目やイメージも大事なのかもしれませんが、
それ以上に重要なのは、
そこで働く人のモチベーションと意識の問題なのでしょう。


そういえば、今は無き、
私が大好きだったジャズ喫茶『スイング』は、
おそらく今まで行ったジャズ喫茶の中では、
もっともボロくて「場末感」が漂いまくっていましたが、
いちばん居心地が良かった店でした。

なぜなら、良い音楽を流してくれて
しかも、飄々としたマスターの人柄が気持ちよかったから。


話かわって、今回のクールで注目しているドラマのひとつに
『崖っぷちホテル!』があります。

素晴らしい設備を誇りながらも、
それを活かせないほど堕落しきった高級ホテル。

従業員のやる気のなさ、
不正な使い込み...etc

そんな「崖っぷち」な状態から、
どう再生していくのか。

現在放映中のドラマ『崖っぷちホテル!』に注目しているのは、
従業員の意識改革と、
そこからもたらされる現場の変化が気になるからです。


良くも悪くも大げさで演劇じみた内容ではありますが、
今のところ興味深く視ています。
 
 
▼『崖っぷちホテル!』観ながらメモ
http://cafemontmartre.tokyo/video/drama/gakeppu...

 
:
高野 雲
2018.04.22
スカイツリーが見える下町に住んでいます。

それこそ毎日スカイツリーが視界にはいる生活をしているのですが、
考えてみればスカイツリーに登ったことがない……。


灯台下暗しというか、
灯台の下に暮らす私が暗しというか。


つまり、当たり前のように認識しているものも
じつはよく知らなかったりすることが多いのです。


7月に公開される映画『ピース・ニッポン』も、
我々日本人が知っているつもりで
実はあまり知らなかった
日本の姿を教えてくれることでしょう。



▼ピース・ニッポン 7/14(土)新宿バルト9他ロードショー
http://cafemontmartre.tokyo/video/movie/peace_n...


:
高野 雲
2018.04.17
『コンフィデンスマン.jp』の長澤まさみと、
仮面ライダーのショッカーと、
ヤッターマンのドロンボーの共通点は?



記事、更新しました♪


▼月9『コンフィデンスマンJP』観ながらメモ
http://cafemontmartre.tokyo/video/drama/confide...

:
高野 雲
2018.04.17
新記事をアップしました。


▼ハービー・ハンコックのお洒落ピアノをさりげなく楽しめるさりげない名曲
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/ill_wind...



お客さんが自宅にやってきてパーティをする時、
ひとりでボーっといい気分になりたい時などなど、
もろもろのシチュエーションで重宝するナンバーをお教えします♪


:
高野 雲
2018.04.12
「兄友」。


最初は、「只友」に見えてしまいました。

ただの友達の「ただ友」。
かな?と、一瞬思ったら、
「ただとも」という響き、
どこかで聞き覚えが。



そうか、TVCMか。
ソフトバンクの。


携帯電話サービスの一つで、
決められた時間帯は、
ソフトバンクの携帯電話同士での通話が無料になるサービスですね。


ま、それはいいとして。
映画『只友』、
ではなくて、
『兄友』が、来月末より公開されます。


コミックもアニメも人気だったから、
ご存知の方も多いと思いますが、

これが実写になると?!


期待半分、
不安半分といったところでしょうか?!



▼詳細
http://cafemontmartre.tokyo/video/movie/anitomo/

:
高野 雲
2018.04.07
ジャズをはじめとして、
異文化の芸術作品に接するに際しての
接し方の「極意」なるもの、
あるのかどうかは分かりませんが、

時に対象を理解しようとするあまり
近づきすぎて近視眼的な状態になってしまうよりも、
もう少し鷹揚に構えて、
全体をボンヤリと把握してからのほうが
表現者の意図が見えてくることがあるのかもしれません。

というわけで、書いてみました。

遠くからボンヤリと感じることが出来るブルース、
ウェイン・ショーターの《チャコール・ブルース》について。


『ナイト・ドリーマー』という素敵なアルバムに収録されています。


▼ウェイン・ショーターのチャコール・ブルース
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/charcoal...

:
高野 雲
2018.04.05
ソニー・ロリンズの『サキソフォン・コロッサス』の「コロッサス(巨人)」。

バド・パウエルの『ジャズ・ジャイアント』や、
ジョン・コルトレーンの『ジャイアント・ステップス』の「ジャイアント」、

ブルースマンのビッグ・ビル・ブルーンジーの「ビッグ」、
などなど、

どうやら私は「巨大」、「デカい」ものが好きなようです。


なので、5月公開の、
巨大化した動物たちが暴れまわる映画
『ランペイジ 巨獣大乱闘』も楽しみなのであります。


「巨大化が、止まらない。」
キャッチコピーも秀逸ですね♪



http://cafemontmartre.tokyo/video/movie/rampage/
:
高野 雲
2018.03.29
アニメ化されて来月4月から放映される『ゴールデンカムイ』。

それに合わせてなのか、13巻が発売されていたので、早速購入して読みました。


う~む、相変わらず変態(笑)。


とはいえ、アイヌの文化や生活に関して、
かなり勉強になるマンガでもあります。


北海道好き、
アイヌに興味がある方には、ご一読をオススメいたします。


あ、あと、このマンガの中では、
新撰組副長だった土方歳三が
お爺さんになって生きています。
(時代は日露戦争後)


土方さん好きにもオススメかも?!



▼ゴールデンカムイ 13巻/野田サトル
http://cafemontmartre.tokyo/books/comic/goldenk...





:
高野 雲
2018.03.25
今は高性能のオーディオ装置も廉価で買えますし、
パソコンにつなぐスピーカーも、
けっこう良い音のものが増えてきています。


だから、自宅でも気軽に高音質のジャズを楽しめる
すっごく良い時代になったとは思うのですが、


それでもね、

やっぱり、やっぱり、
同じアルバムを聴くにしても、
ジャズ喫茶で聴いたほうが、
自宅で聴くよりも2倍、
いや、、、
5倍、8倍、10倍以上ジャズの魅力を味わえると思うのです。



ジャズ喫茶に足を運んだ際は、
自宅で何度も聴いているアルバムを
リクエストしてみては如何?



おそらく「違い」を体感できるはずです。




▼ジャズ喫茶「いーぐる」で、よくリクエストをした2枚のアルバム
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/eagle_al...
:
高野 雲
2018.03.22
日本を代表するベテランベーシスト、
チンさんこと鈴木良雄氏のライヴのお知らせです。


今回はソニー・ロリンズとも共演したギタリスト、
増尾好秋氏を迎えてのライヴ!

パーカッションを加えたシンプルなトリオ編成。
ベテラン達による極上の演奏をお楽しみください。


日時:2018年4月6日(金)
   OPEN…18:30
   START…19:30
場所:フィアット/アパルト松濤
   〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-3-12
料金:¥3,000(税込み)1ドリンク付き
定員:70名(要予約)
※お申込みはお電話で 03-6804-9555



http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/chim_masuo/

:
高野 雲
2018.03.10
最近、不二家のミルキーのCMのラストに流れる
トランペットの音色に、
ほんわかな哀愁を感じています。


あの、「♪ミルキーはママの味~」のメロディのところです。


わずか数秒の間ですが、トランペットが醸し出す
なんともいえない雰囲気にグッときた方は、
「哀愁ラッパ」を吹く
ケニー・ドーハムの音源も聞いてみよう。


最初に聴くなら『静かなるケニー』がおすすめ!



▼哀愁ラッパ、ケニー・ドーハムと「ミルキーはママの味」
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/dorham_m...
:
高野 雲
2018.02.27
楽器は試奏をしてから、
車は試乗をしてから、

そして、

服は試着をしたから、


⇒買う!


このプロセスをショートカットしてしまうと、
「安物買いの銭失い」になりかねないです。


椅子も実際に座ってみてから、

の、

「座ってみてから」のプロセスを省略して、
ネットで見つけたカッコええ~椅子をポチっと注文して
届いたものに座ってみたら、

( ゚Д゚)???


ネットで買うこと、
悪いとはいいませんが(実際、本、CD、プラモなんかはネットで買ってます、私)、
でも、「試」が必要なものは、
やっぱり、実際に手に触れて(お尻に触れて?)からでも遅くはないですね。

というわけで。


新記事をアップしました♪


▼ネットで椅子を買って良かったためしなし。
http://cafemontmartre.tokyo/essay/chair_netshop...
:
戻る
ページトップ
close

デリケートなシルクは、
日頃のお手入れが大切です。
「さがす」ケアメンテ事例集
素材:シルクで検索すると・・・