クリーニングの駆け込み寺ハッピーケアメンテ。高級な衣服をケアメンテしています。
ハッピー ケアメンテ
ハッピー ケアメンテ
COMMUNITY

コミュニティ

高野 雲

高野 雲

音楽

ジャズ漬けの日々を送っているためか、日常を切り取る眼差しも無意識に「ジャズ目線」になってしまっているようです。古き良きジャズが持つ遊び心、抑圧をぶち壊すパワーに憧れ、座右の銘は「人生アドリブ」。何事も勢いとノリが大事だぜ!なんて嘯きつつ、いい年こいて自爆を繰り返す日々です。手垢のついたスタンダードナンバーに新たな命を吹き込むジャズマンのように、面白くなきことも面白く語れれば最高です。

高野 雲
高野 雲
管理人
プロフィール
ジャズをガソリンに音と活字を遊び倒す雑文屋。横浜本牧生まれの東京下町育ち。
10代後半ジャズに目覚め、勉強そっちのけでジャズ喫茶に入り浸る日々を送る。
ジャズベーシストに師事し、「ジャズ研」ではベースを弾きまくり、バイト先の老舗ジャズ喫茶ではコーヒーを出しながら「ジャズ耳」を鍛え、「ジャズ」と名のつく書籍・雑誌は片っぱしから読み漁る学生時代を過ごす。
出版社に就職後は、仕事の傍らジャズのレビューを自サイトや、音楽系Webサイト、フリーペーパーなどに書き散らし、2005年に邱永漢氏の公式ウェブサイト「Hi-Q」に「JAZZが好きだと答えてみたい~ダテから入ってツウになれ」への連載をきっかけに、『Swing Journal』や『ジャズ批評』などのジャズ専門誌にも寄稿を開始。
2008年に独立、フリーとなり、東京FMミュージックバードでラジオ番組「高野雲の快楽ジャズ通信〜What Is This Thing Called Jazz?」にて2年間メ インパーソナリティを務めジャズの魅力を発信。同時に、都内複数のイベントスポットやミュージックラウンジにて不定期にジャズ鑑賞会「音聴き会」を催す。趣味は映画鑑賞とガンプラ作り、電信柱&クレーンのウォッチング。
主著に『超!音楽鑑賞術』(ヤマハ・ミュージックメディア)、『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』(シンコーミュージック・エンタテイメント)がある。
個人サイト「カフェモンマルトル」http://cafemontmartre.tokyo/
は、ほぼ毎日更新。気軽に遊びにいらしてくださいね。
■ 「快楽ジャズ通信」http://jazzpleasure.seesaa.net/
コミュニティのカテゴリー
音楽
高野 雲
2018.04.07
ジャズをはじめとして、
異文化の芸術作品に接するに際しての
接し方の「極意」なるもの、
あるのかどうかは分かりませんが、

時に対象を理解しようとするあまり
近づきすぎて近視眼的な状態になってしまうよりも、
もう少し鷹揚に構えて、
全体をボンヤリと把握してからのほうが
表現者の意図が見えてくることがあるのかもしれません。

というわけで、書いてみました。

遠くからボンヤリと感じることが出来るブルース、
ウェイン・ショーターの《チャコール・ブルース》について。


『ナイト・ドリーマー』という素敵なアルバムに収録されています。


▼ウェイン・ショーターのチャコール・ブルース
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/charcoal...

:
高野 雲
2018.04.05
ソニー・ロリンズの『サキソフォン・コロッサス』の「コロッサス(巨人)」。

バド・パウエルの『ジャズ・ジャイアント』や、
ジョン・コルトレーンの『ジャイアント・ステップス』の「ジャイアント」、

ブルースマンのビッグ・ビル・ブルーンジーの「ビッグ」、
などなど、

どうやら私は「巨大」、「デカい」ものが好きなようです。


なので、5月公開の、
巨大化した動物たちが暴れまわる映画
『ランペイジ 巨獣大乱闘』も楽しみなのであります。


「巨大化が、止まらない。」
キャッチコピーも秀逸ですね♪



http://cafemontmartre.tokyo/video/movie/rampage/
:
高野 雲
2018.03.29
アニメ化されて来月4月から放映される『ゴールデンカムイ』。

それに合わせてなのか、13巻が発売されていたので、早速購入して読みました。


う~む、相変わらず変態(笑)。


とはいえ、アイヌの文化や生活に関して、
かなり勉強になるマンガでもあります。


北海道好き、
アイヌに興味がある方には、ご一読をオススメいたします。


あ、あと、このマンガの中では、
新撰組副長だった土方歳三が
お爺さんになって生きています。
(時代は日露戦争後)


土方さん好きにもオススメかも?!



▼ゴールデンカムイ 13巻/野田サトル
http://cafemontmartre.tokyo/books/comic/goldenk...





:
高野 雲
2018.03.25
今は高性能のオーディオ装置も廉価で買えますし、
パソコンにつなぐスピーカーも、
けっこう良い音のものが増えてきています。


だから、自宅でも気軽に高音質のジャズを楽しめる
すっごく良い時代になったとは思うのですが、


それでもね、

やっぱり、やっぱり、
同じアルバムを聴くにしても、
ジャズ喫茶で聴いたほうが、
自宅で聴くよりも2倍、
いや、、、
5倍、8倍、10倍以上ジャズの魅力を味わえると思うのです。



ジャズ喫茶に足を運んだ際は、
自宅で何度も聴いているアルバムを
リクエストしてみては如何?



おそらく「違い」を体感できるはずです。




▼ジャズ喫茶「いーぐる」で、よくリクエストをした2枚のアルバム
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/eagle_al...
:
高野 雲
2018.03.22
日本を代表するベテランベーシスト、
チンさんこと鈴木良雄氏のライヴのお知らせです。


今回はソニー・ロリンズとも共演したギタリスト、
増尾好秋氏を迎えてのライヴ!

パーカッションを加えたシンプルなトリオ編成。
ベテラン達による極上の演奏をお楽しみください。


日時:2018年4月6日(金)
   OPEN…18:30
   START…19:30
場所:フィアット/アパルト松濤
   〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-3-12
料金:¥3,000(税込み)1ドリンク付き
定員:70名(要予約)
※お申込みはお電話で 03-6804-9555



http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/chim_masuo/

:
高野 雲
2018.03.10
最近、不二家のミルキーのCMのラストに流れる
トランペットの音色に、
ほんわかな哀愁を感じています。


あの、「♪ミルキーはママの味~」のメロディのところです。


わずか数秒の間ですが、トランペットが醸し出す
なんともいえない雰囲気にグッときた方は、
「哀愁ラッパ」を吹く
ケニー・ドーハムの音源も聞いてみよう。


最初に聴くなら『静かなるケニー』がおすすめ!



▼哀愁ラッパ、ケニー・ドーハムと「ミルキーはママの味」
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/dorham_m...
:
高野 雲
2018.02.27
楽器は試奏をしてから、
車は試乗をしてから、

そして、

服は試着をしたから、


⇒買う!


このプロセスをショートカットしてしまうと、
「安物買いの銭失い」になりかねないです。


椅子も実際に座ってみてから、

の、

「座ってみてから」のプロセスを省略して、
ネットで見つけたカッコええ~椅子をポチっと注文して
届いたものに座ってみたら、

( ゚Д゚)???


ネットで買うこと、
悪いとはいいませんが(実際、本、CD、プラモなんかはネットで買ってます、私)、
でも、「試」が必要なものは、
やっぱり、実際に手に触れて(お尻に触れて?)からでも遅くはないですね。

というわけで。


新記事をアップしました♪


▼ネットで椅子を買って良かったためしなし。
http://cafemontmartre.tokyo/essay/chair_netshop...
:
高野 雲
2018.02.26
「粗製屋乱造斎」と名乗りたい

をアップしました。

▼こちら
http://cafemontmartre.tokyo/books/comic/soseira...


いいものを作ろうとか、
人から評価されたい、
みたいな、ヘンな色気心みたいなものが働いたとたん、
手が止まってしまう私。


そんなことは一切考えず
傍若無人に、やりたいことをやりたいままに
あるがままの自分をドバーッ!と出せばいいんじゃい!
と思ったとたん、
なんか身体中が伸び伸び自由に動くんですね。



そんな私の気持ちを後押ししてくれる漫画が、
『乱造斎おんな絵日記』


スケベだけど、
こういうオッサンになりたいな~♪


:
高野 雲
2018.02.22
ジョージ・シアリングの
『シアリング・オン・ステージ』評をアップしました。

▼こちら♪
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/shearing...


安定感とダイナミクスの緩急が巧みなアンサンブル。


ワインやチーズとともに(願わくば生ハムも)、
夜景を見ながら(といっても下町の夜景ですが)聴くと、
ほんの少しだけ、リッチな気分になれるのです。

:
高野 雲
2018.02.16
あの、怖い顔をしたマイルス・デイヴィスは、
じつはアイスクリームが好きだった?!


ジャズの帝王にも
かわいらしい一面もあったんですね。


▼アイスクリームが好きだったマイルス
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/icecream...



:
高野 雲
2018.02.11
新記事をアップしました。

⇒ウィントン・ケリーとジョー・ザヴィヌル~マイルスから同時に声をかけられた2人のピアニスト

http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/kelly_za...

マイルスからの誘いを一度断っている
ジョー・ザヴィヌル。

歴史の偶然、

というよりも、

ある人物のちょっとした判断で、
歴史がガラリと変わることってあるんだな~と、
(少なくともジャズの歴史はかなり変わっていたと思う)

そんなことを感じるエピソードです。


:
高野 雲
2018.02.05
主役級メカだから仕方ないといえば仕方ないのですが、


「兵器」であるはずのガンダムって、
白とか赤とか黄色とかの配色が多くて、
まるで「こっち狙って撃ってください」と言わんばかりの配色。


なので、今回作った陸戦型ガンダムは、
思いっきり「陸戦」風なミリタリーチックは塗装を施してみました。

これぐらい地味じゃないと、
熱帯雨林のようなエリアでは戦闘でけへんでしょ?ってことで
(・∀・)b


どうせガンダムなので(?)、
何をどうしたところで、
結局はカッコ良くなってしまうのですが……。



▼HG 陸戦型ガンダムS型(機動戦士ガンダム サンダーボルトver.)制作レポート
http://cafemontmartre.tokyo/work/model/gunpla/r...


:
高野 雲
2018.02.05
「第一次ガンプラブーム」の頃から
ガンプラ(ガンダムのプラモデル)を作っています。

高校卒業後はジャズにハマり、
就職したり、結婚したり、子どもが生まれたりと、
人生上のイベントに忙しく、
しばらく離れていたのですが、
15年ほど前から、「ガンプラ病」が定期的に発症するようになりました。


ところで、ガンダムに登場する
ガンダムやザクといったメインのマシンは、
ジャズでいえばスタンダードのようなものですね。

誰もが知っているものを、
自分流にどう解釈し表現するのか。

歩きながら、
あるいは、
お風呂に入りながら、
「自分だったら、どうアプローチしようかな?」と、
原型を頭の中で転がす楽しみ。


これは、ジャズのスタンダードを演奏する楽しみでもあり、
自分好みのガンプラを仕上げる楽しみでもあるのです。


ちなみに、ガンプラのブログも書いていますので、
ガンプラ好きの方は、
ぜひぜひご覧になってください。

▼ガンプラマン
http://gunplaman.seesaa.net/


:
高野 雲
2018.01.21
カーメル・ジョーンズの
『ジェイ・ホウク・トーク』評をアップしました。


▼こちら♪
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/jay_hawk...


サイドマンも堅実で渋い人ばかり。
味わい深い1枚です。



カーメル・ジョーンズは、
知名度の低いトランペッターではありますが、
ホレス・シルヴァーの《ソング・フォー・マイ・ファーザー》で
トランペットを吹いている人だよ~といえば、
「ああ、あの人!」となるかもしれません。






:
高野 雲
2018.01.20
ブリジット・フォンテーヌの『ラジオのように』評をアップしました。

フランスの前衛シャンソン歌手の彼女が、
若い頃に録音した作品です。



奇妙に静謐な音空間。
独特な気分に陥ります。


学生の頃は、このアルバムが持つ不思議な気分を味わいたくて、
毎日毎日、繰り返し繰り返し聴いていたものです。


「狂気」とまではいかないまでも、
常識や理性といった太いネジが外れて、
何かどこかが静かに狂っている感じがたまらないのですよ。



バックのアート・アンサンブル・オブ・シカゴの演奏も素晴らしい。


ジャズとシャンソンが何の違和感もなく融合し、
独自な静謐空間を形作っているのは、
彼ら即興演奏家たちの並々ならぬ力量ゆえのものでしょう。


▼ラジオのように/ブリジット・フォンテーヌ
http://cafemontmartre.tokyo/music/comme_a_la_ra...

:
高野 雲
2018.01.18
売れてますね~、この本。

年末にテレビで紹介されたためか、
既に100万部を突破している模様。


テレビの告知効果って(もちろん番組や紹介者にもよりますが)、
今も昔も大きいな~と改めて思います。


▼モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット/佐久間健一
http://cafemontmartre.tokyo/books/taikan_reset/


:
高野 雲
2018.01.17
先日『坂道のアポロン』の試写を観てきました。


ジャズの知識が皆無でも楽しめる「青春」映画です。



そして、もしこの映画でジャズに興味を持ったら、
こちらをお読みください。


▼初心者向けジャズ超入門・おすすめベスト10!宇宙一わかりやすい!
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/jazz_guide/



映画の中で重要な鍵を握る2曲、
《モーニン》と《マイ・フェイヴァリット・シングズ》の両方の解説も書いています。

:
高野 雲
2018.01.15
新宿駅の西口地下広場は、

ガッキーの「雪肌精」だったり、
波留の「のどスぺ!」だったり、
あるいはサイボウズの「働き方改革、楽しくないのはなぜだろう。」だったりと、

なかなか面白い広告が
掲出されることの多いエリアです。



今回はローラのTBC。
(というか「TBCのローラの広告」というべきか)


かなりのビジュアルインパクトです。


なかなか優秀な制作チームを使っているな~と思いますね。


▼ローラTBCのカラフル広告 新宿西口地下広場
http://cafemontmartre.tokyo/essay/tbc_rola/




:
高野 雲
2018.01.17
学生時代からの愛読書、
シモスコ&テッパーマンの『エリック・ドルフィー』。


1975年に初版が発行された古い本ですが、
ドルフィー好きの私にとってはバイブルのような存在。

活版印刷の味わいがたまらない素敵な本です。



▼エリック・ドルフィー/ウラジミール・シモスコ、バリー・テッパーマン
http://cafemontmartre.tokyo/books/musical_book/...


:
高野 雲
2018.01.19
先日より放送が開始された
広瀬すず主演の
日テレ・水曜ドラマ『anone』の感想(テキトー感想)をアップしました。



▼『anone(あのね)』観ながらメモ~カッコ良い広瀬すずhttp://cafemontmartre.tokyo/video/drama/anone/


それぞれの登場人物のバラバラなエピソードが
散りばめられた第一話だったので、
まだ面白いか面白くないか
判断がつきかねる状態ではありますが、
翌週以降も面白ければ続けてアップしていこうと思います。




:
戻る
ページトップ
close

デリケートなシルクは、
日頃のお手入れが大切です。
「さがす」ケアメンテ事例集
素材:シルクで検索すると・・・