クリーニングの駆け込み寺ハッピーケアメンテ。高級な衣服をケアメンテしています。
ハッピー ケアメンテ
ハッピー ケアメンテ
COMMUNITY

コミュニティ

高野 雲

高野 雲

音楽

ジャズ漬けの日々を送っているためか、日常を切り取る眼差しも無意識に「ジャズ目線」になってしまっているようです。古き良きジャズが持つ遊び心、抑圧をぶち壊すパワーに憧れ、座右の銘は「人生アドリブ」。何事も勢いとノリが大事だぜ!なんて嘯きつつ、いい年こいて自爆を繰り返す日々です。手垢のついたスタンダードナンバーに新たな命を吹き込むジャズマンのように、面白くなきことも面白く語れれば最高です。

高野 雲
高野 雲
管理人
プロフィール
ジャズをガソリンに音と活字を遊び倒す雑文屋。横浜本牧生まれの東京下町育ち。
10代後半ジャズに目覚め、勉強そっちのけでジャズ喫茶に入り浸る日々を送る。
ジャズベーシストに師事し、「ジャズ研」ではベースを弾きまくり、バイト先の老舗ジャズ喫茶ではコーヒーを出しながら「ジャズ耳」を鍛え、「ジャズ」と名のつく書籍・雑誌は片っぱしから読み漁る学生時代を過ごす。
出版社に就職後は、仕事の傍らジャズのレビューを自サイトや、音楽系Webサイト、フリーペーパーなどに書き散らし、2005年に邱永漢氏の公式ウェブサイト「Hi-Q」に「JAZZが好きだと答えてみたい~ダテから入ってツウになれ」への連載をきっかけに、『Swing Journal』や『ジャズ批評』などのジャズ専門誌にも寄稿を開始。
2008年に独立、フリーとなり、東京FMミュージックバードでラジオ番組「高野雲の快楽ジャズ通信〜What Is This Thing Called Jazz?」にて2年間メ インパーソナリティを務めジャズの魅力を発信。同時に、都内複数のイベントスポットやミュージックラウンジにて不定期にジャズ鑑賞会「音聴き会」を催す。趣味は映画鑑賞とガンプラ作り、電信柱&クレーンのウォッチング。
主著に『超!音楽鑑賞術』(ヤマハ・ミュージックメディア)、『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』(シンコーミュージック・エンタテイメント)がある。
個人サイト「カフェモンマルトル」http://cafemontmartre.tokyo/
は、ほぼ毎日更新。気軽に遊びにいらしてくださいね。
■ 「快楽ジャズ通信」http://jazzpleasure.seesaa.net/
コミュニティのカテゴリー
音楽
高野 雲
2017.11.14
スタン・ゲッツのアルバム『ザ・サウンド』評をアップしました。

▼こちらです
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/the_sound/

このアルバムの良いところは、スウェーデン民謡の《ディア・オールド・ストックホルム》があること。

哀愁たっぷりで、しかも口ずさみやすいメロディなので、ジャズは難しいと思っている人こそ聞いてほしいナンバーです♪

:
高野 雲
2018.01.09
来年1月13日公開予定の
『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』の試写レポートを
アップしました。


▼こちらです  ̄∇+ ̄)vキラーン
http://cafemontmartre.tokyo/video/movie/mazinge...
:
高野 雲
2017.11.12
テナーサックス奏者のウォーン・マーシュのアルバム、
その名も、まんまの『ウォーン・マーシュ』評をアップしました。

▼こちらです
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/warne_ma...

:
高野 雲
2017.10.25
私の趣味(?)の一つに、クレーンや電信柱(電柱)をウォッチングすることがあります♪

お金がかからない上に、暇つぶしにもなるので良か余暇です。

子どもの頃から電柱やクレーンばかりを見ていました。

中学生の時は美術部で電信柱の絵ばかり描いていました。

たまーにですが、撮影した電信柱やクレーンをアップしているブログもあります。

▼クレーンウォッチング
http://cranewatching.blog.shinobi.jp/

今だったら、インスタに投稿すべき内容なのかもしれませんが、インスタグラムはまだやっていません。

世の中、人々が言葉や作品を投稿する器(メディア)は変遷していきますね。
この「つなぐ」も、大きなだんだんと大きな器になっていけば良いなと日々思っています。


:
高野 雲
2017.10.10
自分が生まれる何十年も前の音源なのに、
こみあげてくる「もの懐かしさ」って、一体?!



奄美大島在住「音のソムリエ」の高良俊礼氏よりご寄稿いただきました。

▼【ブルースの歴史・7】ミシシッピ・ジャクソン・ブルース
http://cafemontmartre.tokyo/music/blues/mississ...

:
高野 雲
2017.10.03
昨日。
学生時代にバイトをしていたジャズ喫茶で黙々と校正作業。

昼から夕方にかけては「私語禁止」。
で、店内にかかるジャズも「大ボリューム」。

マイルスの『フォア・アンド・モア』のA面をリクエスト。
スピーカーが爆音で火を噴く。
文字の中に没入している私の脳みそからも煙がしゅーしゅー。

もうこれは闘いだね。

ジャズと文字がガツーンとくる。

身体が揺れて、脳味噌がキリキリ。

でも、この状態が心地よいのですよ。

昔から、原稿書くときや、原稿チェックする時はジャズ喫茶を愛用しています。


▼Four And More/Miles Davis
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/four_and...

:
高野 雲
2017.09.29
宣伝♪
昨年書いた本です。

ジャズマンをビジネスマンにたとえたのは、
「むずかしそ~!」という先入観を
なくしてもらうためです(・∀・)b


ビジネスマンでない方も、
ジャズに興味がある方はぜひご一読ください。

▼Amazonでも買えます♪
https://goo.gl/gqsj2i

:
高野 雲
2017.09.27
ヘタの横好きで、たまにベースを弾いてます。
エレキベースがメインですが、たま~にウッドベースも弾きます。

ウッドベースの良いところは、とにかく音が暖かいこと。

これ、生で聞かないとなかなか分からないことなのかもしれませんが、
暖かい低音は、他の楽器をやわらかく包むような包容力があるんですよね。


太くて、大きくて、暖かくて、包容力がある。

そういう人間になりたいものです。
(・∀・)b
:
高野 雲
2017.09.26
音の良し悪し、美しさも大事かもしれないけれども、それは本質じゃない。

ギターやヴォーカルよりも大きいんじゃないかと思えるほどシャーシャー、ザーザーとまるでゲリラ豪雨のようなノイズの奥から、時空を超えて力強くこちら側に訴えかけてくる太いエモーションもあるんだ、

……と戦前ブルースを聴くたびにいつも思ってしまう。

▼チャーリー・パットン~スクラッチノイズの向こう側に広がる深い世界
http://cafemontmartre.tokyo/music/blues/patton_...
:
高野 雲
2017.09.25
最近は様々なバリエーションが発売されたり、新しい食べ方の提案がCMなどを通してなされているチキンラーメン。
調べてみるとチキンラーメンが誕生したのは昭和33年(1958年)。

ジャズの作品でもっとも売れたのがマイルス・デイヴィスの『カインド・オブ・ブルー』なんだけど、このエポックメイキングな作品は翌年の1959年に録音されている。

両方とも時代の風雪に耐えて生き残っており、今なお多くの人々に愛され、現代でも立派に通用しているところがスゴい。

なんてことをチキンラーメンのカップ麺バージョンを食べながら考えておりました。

▼「まず旨さ」が魅力のチキンラーメン・ビッグカップから揚げレモン&ペッパー
http://cafemontmartre.tokyo/essay/chickenraaaaa...
:
高野 雲
2017.09.22
オルガン奏者、ラリー・ヤング。

ラリー・ヤング
⇒シンプル

イスラム改修後の名前は、

ハリド・ヤシーン・アブドゥル・アズィー
⇒長っ!
w(゚ロ゚;w

ラリー・ヤングの熱烈プレイは、トニー・ウィリアムスの『エマージェンシー』というアルバムで、お腹いっぱい楽しめます。

▼エマージェンシーのレビュー
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/emergency/
:
高野 雲
2017.09.21
同じ内容の仕事を大量にこなしていると、次第に力の抜き加減がわかってくる。手抜きという意味ではなく、緩急のつけ方みたいなものね。

私が好きなベーシスト、ポール・チェンバースも同様。大量のセッションやレコーディングに引っ張りだこだった人なのだが、彼の音を研究していくと、かなり「省エネ」な奏法だったことが分かる。
もちろん手抜きではなく……いや、手抜きだったかも?

しかし大事なのは、手抜きか否かなのではなく、出てくる音が最高か否かということ。もちろんチェンバースは後者。(・∀・)b

頑張り過ぎないこと、あえて少ない選択肢の中に身を置くこと。そこから生まれる新しい発想や、余裕から生まれる魅力って、確かにある。

▼詳しくはこちら
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/chambers...
:
高野 雲
2017.09.19
若杉実・著の『裏ブルーノート』。
内容はジャズマニア向けの内容ですが、なにしろカバーのアートがイイ感じなのです。
:
高野 雲
2017.09.14
ジャズを聴くなら、まずはマイルスの『カインド・オブ・ブルー』から!
すぐに理解できなくても、いずれ深く心に染み込んできます。

一家に一枚!

▼レビュー
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/kind_of_...
:
高野 雲
2017.08.25
ジャズマンのパトロンだった、ニカ男爵夫人ってどんな人?

http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/panonica/
:
高野 雲
2017.07.09
奄美大島在住の「音のソムリエ」高良俊礼氏よりご寄稿いただきました。
⇒最強のジャズ・テナー、ジョニー・グリフィン
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/strong_g...
:
高野 雲
2017.07.01
新記事をアップしました。
http://cafemontmartre.tokyo/music/laughter_forg...
:
高野 雲
2017.06.15
ジャズにご興味のある方、
ご一読ください。
(・∀・)b
 
▼初心者向けジャズ超入門・おすすめベスト10!宇宙一わかりやすい!
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/jazz_guide/
:
高野 雲
2018.01.09
新記事をアップしました。
(・∀・)b

「賢者、もしくは愚者としての寅さん~『男はつらいよ』考」
 ↓
 ↓
http://cafemontmartre.tokyo/video/movie/torasan...
:
高野 雲
2017.06.11
奄美大島在住「音のソムリエ」、
高良俊礼氏よりご寄稿いただきました。
(・∀・)b

チャーリー・ラウズを聴こう
http://cafemontmartre.tokyo/music/jazz/listen_r...
:
戻る
ページトップ
close

デリケートなシルクは、
日頃のお手入れが大切です。
「さがす」ケアメンテ事例集
素材:シルクで検索すると・・・