COMMUNITY

コミュニティ

橋本 英夫

橋本 英夫

その他

百尺竿頭に一歩を進んで、事実の先にある真理・本質を見極め、それを掴むために今もなお歩み続けています。「草」は踏まれても立ち上がり、目立たず風に吹かれながら、そして飄々と生きながらも周囲を支える力と役割を担う。これは私の生き筋でもあります。この『つなぐ』の場を通して、現代版の“着だおれ”精神を受け継ぐハッピーケアメンテを創業した“おやじ”からのメッセージを発信していきたいと思います。

橋本 英夫
橋本 英夫
管理人
プロフィール
1949年、兵庫県高砂市生まれ。高校卒業後、大型プラントで使用するバルブや弁のメーカーにエンジニアとして従事。蒸気の流体制御機器の設計等に携わり、20歳代半ばで独立。1979年にECCハシモトを設立し、ドライクリーニングの石油系溶剤浄油再生装置の開発製造を依頼されたことをきっかけに、装置のランニングテストをおこなうため株式会社京都産業を設立し、「ハッピークリーニング」の名称でクリーニング店の経営に乗り出す。取次店を50店舗まで拡大させたが、業界を知れば知るほど改革の必要性を痛感。
拡大させた取次店を全て閉鎖し、2002年に株式会社ハッピーを設立。従来のクリーニングの常識を覆し、衣服を“再現”する『ケアメンテ』という新業態を創造し、業界から逸脱した独自の道を歩み始める。
インターネットと全国宅配を利用した無店舗型全国対応システムに切り替え、「アクアドライ」「リプロン」をはじめとする独自の衣服再生産技術と、自社開発のITシステムによって、全国のお客様へのサービス普及に尽力している。
2006年、従来の洗浄理論を覆す世界初の「無重力バランス洗浄」を発明し、方法論特許・装置特許を取得。シルエットや風合いを保ったままの水洗いを実現し、そのインダストリアル化に成功。地球環境に優しく人体に悪影響を及ぼさない画期的な洗浄方法として、有名アパレルブランドメーカーからも絶大な信頼を得ている。
2011年、経済産業省「サービス工学推進委員会」委員に就任し、自らの経営経験に基づき、日本のサービス産業における生産性向上とイノベーションの促進を実現するサービス工学の研究開発を推進する取組みに協力。
現在も『ケアメンテ』を通して大切な衣服を長く楽しみ最後まで着尽くすという京都の「着だおれ」の精神を、国内のみならず世界へ発信するため鋭意活動中。
おもな著書に『おもてなしIoTが日本経済を元気にする』(ハッピー社)、『サービス生産性向上への道』(ハッピー社)、『「捨てない」生き方』(ダイヤモンド社)、『サービス業の底力』(ダイヤモンド社)、『小さな会社の負けない発想』(致知出版社)、『クリーニング店の秘密』(東邦出版)、『クリーニング 深・進化論』(近代文芸社)などがある。
コミュニティのカテゴリー
その他
橋本 英夫
2020.11.25
秋も終盤に向かっています。
庭の紅葉のライトアップも見納めです。
足早にやってくる冬将軍に備えを万全に。
特に、コロナ、インフルには気が抜けません。
小さなライトアップです。

:
橋本 英夫
2020.11.17
本格的な秋ですが、コロナは大丈夫でしょうか。
身辺に、くれぐれもお気をつけいただきますように。
我が家の、実葛・サナカズラ(美男葛)の実が色づいてきました。
面白いカタチですので、アップします。

由来

真葛(さなかづら)

モクレン科サネカズラ属の常緑つる性の真葛(さねかずら)です。花は夏に咲き、秋に赤く丸い実をつけます。写真は赤くなる前のものです。枝に粘液があり、鬢(びん)付け油の原料として使われるので、江戸時代には美男葛(びなんかずら)とも呼ばれたそうです。



:
橋本 英夫
2020.11.10
いよいよ秋が深まってきました。
千両の花が色づいて庭に趣きを添えてくれています。

花言葉より
千両の花言葉は「利益」、「富」、「財産」、「裕福」、「恵まれた才能」です。 たくさんの実をつける千両は、豊かなイメージを持たせることから、「利益」や「富」などの花言葉がつけられました。
:
橋本 英夫
2020.10.24
秋の彩り。
庭にいると気持ちが安らぐ。
ツワブキの黄色は勢いを感じるさせる。
しかし静かに潜航していて、パッと咲かせることも知っている。


花言葉より
花名の由来

和名の「石蕗(ツワブキ)」は、葉が蕗(フキ)に似て、つやがあることから艶葉蕗(つやはぶき)が転訛したといわれています。また、葉が厚いことから厚葉蕗(あつはぶき)が転訛したという説もあります。

漢字で石蕗と書かれるのは、この植物が岩や石などの間に生えていることにちなみます。

英語では「Japanese silver leaf」と呼ばれます。

花言葉の由来

日本原産のツワブキ。花言葉の「謙譲」は、奥ゆかしい日本的な落ち着きを感じさせるその花姿に由来するともいわれます。

「困難に負けない」の花言葉は、日陰でもよく育ち、寒さが厳しくなっていく時期に花を咲かせることにちなむともいわれます。

 

:
橋本 英夫
2020.10.19
庭に咲く金木犀。
芳しい香り。
空と金色と緑の配色を楽しんでください。



金木犀の花言葉より
キンモクセイの花言葉は「謙虚」、「気高い人」、「真実」、「陶酔」、「誘惑」です。

キンモクセイの芳香は高貴な印象を与えるのに、花自体はとても小さいことから、「謙虚」や「気高い人」というような花言葉になったといわれています。

また、あの独特な強く甘い香りが、「誘惑」や「陶酔」という花言葉を生んだのでしょう。
:
橋本 英夫
2020.10.16
秋の茶花ホトトギス。
花言葉どおり、我が家の庭に可憐な花を咲かせてくれる。しばし堪能を。

花名の由来
和名の「杜鵑草(ホトトギス)」は、花に入った紫の斑点が鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることに由来します。

英語では「Toad lily(ヒキガエルのようなユリ)」と呼ばれます。

花言葉の由来
花言葉の「永遠にあなたのもの」「秘めた意志」は、晩夏から晩秋までの長い期間、ホトトギスがひたむきに咲き続けることにちなむといわれます。
花言葉より
:
橋本 英夫
2020.09.28
いよいよ秋の気配が、我が家の庭に咲く秋明菊。

→花言葉より抜粋
花名の秋明菊(シュウメイギク)は、秋に菊に似た明るい花を咲かせることにちなみます。実際にはキク科ではなく、キンポウゲ科の植物です。
シュウメイギクはとくに京都市北部の貴船に多く見られることから貴船菊(キブネギク)の別名もあります。
シュウメイギクはアネモネの仲間(イチリンソウ属)です。中国が原産で日本へは古い時代に渡来し、各地に帰化しています。英語では「Japanese anemone(日本のアネモネ)」と呼ばれています。

花言葉の由来
シュウメイギクの仲間であるアネモネには悲しい伝説があり、アネモネの花言葉も切ないもの(「はかない恋」「恋の苦しみ」「見捨てられた」など)になっています。
シュウメイギクの花言葉「薄れゆく愛」もそれにちなむといわれます。

風邪などにお気をつけください。
:
橋本 英夫
2020.09.15
この頃になると、我が家の庭に娘が連れてくる花、彼岸花、曼珠沙華。
思い出が真っ赤に萌えてよみがえる。


曼珠沙華の詩
エラ・ウィーラー・ウィルコックス(米国の女性詩人 / 1850~1919)に、「悲しき思い出」(ヒガンバナ)があります。

ひとつひとつの悲しみには意味がある。
時には、思いもよらない意味がある。
どんな悲しみであろうと、それは、このうえなく大切なもの。
太陽がいつも朝を連れてくるように、それは確かなことなのですよ。

:
橋本 英夫
2020.08.11
清々しく庭に咲く朝顔。
なんとも可憐でいて、力強く明日に向かう花のイメージがあります。

花言葉の事典より
朝顔は花の色別に花言葉がありますが、全般的な花言葉としては、「明日もさわやかに」「結束」「愛情の絆」「私はあなたに絡みつく」などあります。
「明日もさわやかに」「結束」「愛情の絆」は、ポジティブなイメージの花言葉ですが、その一方で、さわやかなイメージの朝顔からは連想し難く、少し怖い印象なのが「私はあなたに絡みつく」の花言葉です。
:
橋本 英夫
2020.07.28
山本寛斎氏のご逝去を非常に残念に思います。
世界に日本のファッションを紹介し、日本のファッションに留まらず、日本のアート、文化の牽引役でもあった人を亡くすのは日本にとっての損失は計り知れません。
このような意味からも、「ハッピー」は、ファッションを支える縁の下の力持ちを自負し、寛斎氏の陰の応援団のつもりでファッションの価値を損なわないように「ケアメンテ」の技術向上に挑戦し続けておりました。
これからも、「ハッピー」は、寛斎氏の想いを引き継ぎ、日本のファッション界を縁の下で支え続けてまいります。
心から寛斎氏のご冥福をお祈り申し上げます。 合掌
:
橋本 英夫
2020.07.17
夏を告げる花、木槿(むくげ)。
我が家の玄関先に咲く一輪の花、これからドンドン開いてくれます。
帰ったときにホッとひと息つかせてくれます。

ムクゲの花言葉と由来
「信念」の花言葉はこの十字軍に由来するといわれます。 「新しい美」の花言葉は、夏から秋にかけて新たな花が次々と咲き続けることにちなむといわれます。 ムクゲの英語の花言葉は「consumed by love(恋のとりこ)」「persuasion(信念、信仰)」です。
花言葉名言のHPより
:
橋本 英夫
2019.10.10
日本は、亜熱帯になっていくのかと思われるほど気候が変動しています。
台風19号が近づいています。身の回りにお気をつけくださいますように。

:
橋本 英夫
2019.07.19
京アニメの関係の方々に心から哀悼を申しあげます。悲しすぎます。
何があったのか分かりませんが、あまりにも酷すぎ。無念は、如何ばかりか。
お亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
:
橋本 英夫
2019.06.04
働き方改革が制度化されて一か月が過ぎました。
消費がますます低迷してくるのは、この6月からです。また、消費税の増税の駆け込みの消費は起こるでしょうが、10月以降は、危険水域に近づくでしょう。さらに、来年度は中小企業にも波及するので要注意です。
そして、極端な少子高齢化で、労働人口減少による経済への影響は計り知れないものになるのは必至です。
断捨離で安物の服を買って捨てる社会から上質な良い服を買って大切に着続ける時代になっていくのではないかという思いを強くしています。
人々の消費生活は「捨てない・着続ける」の大切にする価値になっていくでしょう。この思考は、エシカルとも通じ、ハッピーケアメンテの信条とするところです。
これからの「ハッピー」に注目してください。
漠然とした投稿でスミマセン。
:
橋本 英夫
2019.05.23




おはようございます。
カラッとして気持ちの良い朝ですが、昼の気温は30℃まで上昇とか。
この気温差は今の季節独特です。
カラッとしているからといって、油断は大敵です。
熱中症には十分気をつけましょう。

:
橋本 英夫
2019.04.01

元号が「令和」だそうです。
「心寄せあい文化を育てる」という意味だそうです。
万葉集からの引用だとか。

昭和から平成に変わる時も、馴染みがなく賛否両論ありました。しかし、今では、何の違和感もなく社会に溶け込んでいます。
平成が無くなるのは少し寂しい気もしますが、新しい年への幕開けです。

色々な理屈は抜きにして、心静かに新しい元号を寿ぎましょう。
なぜなら日本人の心がDNAに深く刻まれているからです。

:
橋本 英夫
2019.03.10
春の雨です。
草木は大喜びです。
庭の木蓮も明日には花が開くでしょう。
心ウキウキするのも、今の季節ならではです。
近くの春の草木を見つけて心ウキウキさせてください。
宇治からの近況でした。
:
橋本 英夫
2019.02.14
おはようございます。
はや、2月半ばです。
今日は、バレンタインデーで賑やかなことです。
バレンタインデーとチョコレートと誰が、どんな風に結びつけたのか。
興味があります。
誰か知っている人がおられたら教えてくださ~い。
ヨロシクです。
:
橋本 英夫
2019.02.04
昨日は、2月3日節分でした。
雨の中「鬼は外、福は内」と大声で、チビたちと豆まきをしました。
童心に還るのは、いいものですネ。
そして、また、節を分ける不思議です。
今日の朝、光が穏やかになった気がします。
動植物の芽吹きです。
自然界の生成(生々)化育を感じられることに喜び元気に明るく毎日を暮らせることに感謝です。



:
橋本 英夫
2019.01.04
新年をお健やかにお迎えになられたことと存じます。
2019年は、新たな「ハッピーケアメンテ」を構築する年にしてまいります。
その準備は既に始まっており、2月下旬に、新たな技術品質の発表を「幸」で執り行います。乞う、ご期待。

:
戻る
ページトップ
close

デリケートなシルクは、
日頃のお手入れが大切です。
「さがす」ケアメンテ事例集
素材:シルクで検索すると・・・