COMMUNITY

コミュニティ

橋本 英夫

橋本 英夫

その他

百尺竿頭に一歩を進んで、事実の先にある真理・本質を見極め、それを掴むために今もなお歩み続けています。「草」は踏まれても立ち上がり、目立たず風に吹かれながら、そして飄々と生きながらも周囲を支える力と役割を担う。これは私の生き筋でもあります。この『つなぐ』の場を通して、現代版の“着だおれ”精神を受け継ぐハッピーケアメンテを創業した“おやじ”からのメッセージを発信していきたいと思います。

橋本 英夫
橋本 英夫
管理人
プロフィール
1949年、兵庫県高砂市生まれ。高校卒業後、大型プラントで使用するバルブや弁のメーカーにエンジニアとして従事。蒸気の流体制御機器の設計等に携わり、20歳代半ばで独立。1979年にECCハシモトを設立し、ドライクリーニングの石油系溶剤浄油再生装置の開発製造を依頼されたことをきっかけに、装置のランニングテストをおこなうため株式会社京都産業を設立し、「ハッピークリーニング」の名称でクリーニング店の経営に乗り出す。取次店を50店舗まで拡大させたが、業界を知れば知るほど改革の必要性を痛感。
拡大させた取次店を全て閉鎖し、2002年に株式会社ハッピーを設立。従来のクリーニングの常識を覆し、衣服を“再現”する『ケアメンテ』という新業態を創造し、業界から逸脱した独自の道を歩み始める。
インターネットと全国宅配を利用した無店舗型全国対応システムに切り替え、「アクアドライ」「リプロン」をはじめとする独自の衣服再生産技術と、自社開発のITシステムによって、全国のお客様へのサービス普及に尽力している。
2006年、従来の洗浄理論を覆す世界初の「無重力バランス洗浄」を発明し、方法論特許・装置特許を取得。シルエットや風合いを保ったままの水洗いを実現し、そのインダストリアル化に成功。地球環境に優しく人体に悪影響を及ぼさない画期的な洗浄方法として、有名アパレルブランドメーカーからも絶大な信頼を得ている。
2011年、経済産業省「サービス工学推進委員会」委員に就任し、自らの経営経験に基づき、日本のサービス産業における生産性向上とイノベーションの促進を実現するサービス工学の研究開発を推進する取組みに協力。
現在も『ケアメンテ』を通して大切な衣服を長く楽しみ最後まで着尽くすという京都の「着だおれ」の精神を、国内のみならず世界へ発信するため鋭意活動中。
おもな著書に『おもてなしIoTが日本経済を元気にする』(ハッピー社)、『サービス生産性向上への道』(ハッピー社)、『「捨てない」生き方』(ダイヤモンド社)、『サービス業の底力』(ダイヤモンド社)、『小さな会社の負けない発想』(致知出版社)、『クリーニング店の秘密』(東邦出版)、『クリーニング 深・進化論』(近代文芸社)などがある。
コミュニティのカテゴリー
その他
橋本 英夫
2021.06.13
■ギボウシ
オオバギボウシ、葉っぱの大きなギボウシです。
存在感があります。
私は、「ここにいるぞー」。
木々を引き立たせる役目もしているようです。
大きな葉っぱで存在感をアピールしながら、それでいて清楚な物静かな花を咲かせます。
このコントラストがたまらない。

【擬宝珠・ギボウシ花言葉】
「沈静」

【花名の由来】
和名の「擬宝珠(ギボウシ)」は、この植物のつぼみが橋や寺社の欄干(らんかん ※てすり)に取り付けられる玉ねぎを逆さまにしたような装飾物の擬宝珠(ぎぼし、ぎぼうしゅ)に似ていることに由来します。

【花言葉の由来】
花言葉の「沈静」は、淡紫色の清楚でひかえめな花姿が静かで安らかな印象を与えることに由来するといわれます。
花言葉より
 
:
橋本 英夫
2021.05.29
■山紫陽花
庭の紫陽花は山紫陽花で、お気に入りです。
派手さはなく、もの静かに咲きます。
大輪を咲かせる紫陽花とは趣きを異にする派手さのないところが気に入っています。
雨に似合う花です。

【アジサイの花言葉】
「移り気」「冷淡」「辛抱強さ」「冷酷」「無情」「高慢」

【花名の由来】
アジサイは「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が語源といわれています。
江戸時代に長崎オランダ商館の医官として滞在したドイツのシーボルト(1796~1866)は愛する「お滝さん」にちなんで、花の大きい一品種に「オタクサ」と命名しているそうです。

【花言葉の由来】
花言葉の「移り気」は、アジサイの花の色が咲き始めてからだんだんと変化することに由来しています。「冷淡」の花言葉は、花色の印象から生まれており、「辛抱強さ」は花が咲いている期間の長さに由来しているらしい。
花言葉より
:
橋本 英夫
2021.05.23
■ヤマボウシ・山法師
わが家の庭に咲く「ヤマボウシ・山法師」を、作風の変わった信楽焼きの花瓶に投げ入れてみました。

【ヤマボウシ全般の花言葉】
「友情」

【花名の由来】
学名「Cornus(コーナス)」で、ラテン語の「cornu(角)」を語源とし、木質が堅いことに由来しています。
和名の「山法師(ヤマボウシ)」は、中央の球状に集合した花を坊主頭に、4枚の白い花びらに見える総苞片(花を保護する葉)を白い頭巾に見立て、比叡山延暦寺の山法師になぞらえて名づけられました。

【花言葉の由来】
花言葉の「友情」は、近縁種のハナミズキ(アメリカヤマボウシ)の花言葉「返礼」から連想してつけられたともいわれます。
日米の友好のために、アメリカでは全米桜祭りで知られるポトマック河畔のサクラが有名ですが、これは1912年に当時の東京市長、尾崎行雄が日米友好を願いソメイヨシノ約3,000本を寄贈したものです。
その返礼として1915年にアメリカから日本へハナミズキが贈られました。
ヤマボウシの花(総包片)は先端がとがっていますが、ハナミズキは丸くなっています。
花名の由来で書いたように、ヤマボウシとハナミズキは似てはいますが品種的には違うものです。
花言葉より

 

:
橋本 英夫
2021.05.22
■サツキ・皐月
艶やかに咲く花です。
皐月が咲くと庭は一気に華やかになります。
春爛漫で心がウキウキと弾みます。
コロナを吹き飛ばしたいものです。

【さつきの花言葉】
「節制」「貞淑」「協力を得られる」

【来歴】
さつきとは、5月を意味します。なぜ「皐月」と言うのか、大変、重要な意味が秘められています。
皐「さ」と言う言葉は「田植え」を意味し、この漢字には「神に捧げる稲」の意味があるのです。
お米は、神聖で特別な食べ物とであり、田植えを行う時期と合わせ「皐月」という漢字が当てられたと言われています。
一方には、「早苗月(さなえつき)」を略して「さつき」という説もあり、「早苗」とは苗代から田へ植えかえる頃の稲の苗のことです。これも「田植え」を意味する言葉になります。
稲、田植え、米、切っても切り離せないのが「皐月」です。

【「さつき」の名前の由来】
さつきは、ツツジ科の植物でツツジに似ていることから「皐月躑躅(さつきつつじ)」と呼ばれ、それを省略して「さつき」となったという説です。

【ホトトギスにも由来】
さつきの花が咲く頃の渡り鳥が初夏の訪れを告げるのがホトトギスです。
ホトトギスの漢名は「杜鵑(とけん)」と言いますが、同じ時期に開花するので、さつきは「杜鵑花(とけんか)」と呼ばれています。
季節の区切りを自然の中に見つけて、さつきもホトトギスも田植えの時期を知らせてくれる重要な役割を担っていたようです。

【さつき/花言葉の由来】
花言葉の由来は、さつきの育つ環境から来ています。さつきは渓流沿いの岩場など、川の増水で水没するような場所に自生していました。植物が育つには厳しい環境にも負けず可憐な花を咲かせています。
そんな厳しい環境に耐えていることで「慎ましく控えめ」な印象を受け「節制」や「貞淑」という花言葉が生まれました。
厳しい環境に適応し、花を一杯つけるので、道路の植え込みや公園樹に使われています。
小さい花を一杯つけ、街など、そこ、ここを華やかに彩る姿は「協力」という言葉に重なります。
花言葉より

:
橋本 英夫
2021.05.21
■二人静
二人静の花が連想させる、そっと寄り添う姿は、なんともいじらしく愛らしい。

【花言葉】
いつまでも一緒に

沖縄を除く日本全国の山林の比較的暗い場所に分布しています。和名は、2本の花序※を、能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿にたとえたものらしく、ヒトリシズカと対をなします。花序は2つとは限らずに3〜4ツつく例もあリます。


※:花序(かじょ)とは枝上における花の配列状態のことをさします。 チューリップのように茎の先端(茎頂)に単独で花をつけるもの(こうしたものを単頂花序という)もありますが、ヒマワリやアジサイのように花が集団で咲くものもあります。 このような花の集団を花序と言い、 花の配置、軸の長短、花柄の有無、比率等により、いくつかの基本形態があります。
花言葉より
:
橋本 英夫
2021.05.15
■都わすれ
ひっそりと咲く花です。
一輪挿しに入れると、なんとも風情があります。
その風情が、心を癒やしてくれる役目をしてくれるのでしょう。だから、花言葉が「しばしの慰め」なのだと思います。

【ミヤコワスレ花言葉】
「しばしの慰め」「別れ」

【花名の由来】
和名の「都忘れ(ミヤコワスレ)」は、鎌倉時代の承久の乱(1221年、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して討幕の兵を挙げて敗れた兵乱)で佐渡へ流された順徳天皇が、この花を見ると都への思いを忘れられると話されたことに由来します。

【花言葉の由来】
気品ある美しい花を咲かすミヤコワスレ。花言葉「しばしの慰め」「別れ」は、佐渡へ流された順徳天皇がこの花を見ると都への思いを忘れられると話されたことに由来します。
花言葉より

 
:
橋本 英夫
2021.05.09
絶滅危惧種と言われる「ナンジャモンジャ」の樹が我が家の庭に咲く。
静かに、飄々と咲く白い花。
写真の見え方が良くありませんいが、木立の上の方で咲いているということでご容赦ください。

【花言葉】
高貴な人・謙遜

木全体が白い花で覆われ「雪の花」とも呼ばれており「絶滅危惧種」に指定されている珍しい樹です。
本当の名前は‥ヒトツバタゴ(一葉田子)。ナンジャモンジャという名前は俗称です

【花名の由来】
ナンジャモンジャという名前の由来はいくつかあるようですが、その面白い一つに『水戸黄門(光圀)が、参勤交代の途次に下総神崎(千葉県神崎町)の神埼神社に参詣したおりに、社殿横にある大木(御神木)をご覧になり「この木はなんじゃ」と尋ねられた。
土地の人は、黄門様の声が聞き取れず「なんじゃもんじゃ」と問い返したところ、黄門様は、それを木の名と勘違いされ「なんじゃもんじゃ」であるかと、言われたことから名付けられたとする説が有力なようです。
花言葉より
:
橋本 英夫
2021.05.06
花は心を癒やしてくれます。
しかし、花は誰かを楽しませたいと思って咲いているわけではありません。花は、次に繋ぐために命を精一杯生きています。
花のように精一杯生きて、多くの方に喜んでもらう仕事を次に繋いでいきたいものです。

【ピラカンサの花言葉】
「燃ゆる想い」「美しさはあなたの魅力」「防衛」

【花名の由来】
学名「Pyracantha(ピラカンサ)」は、ギリシア語の「pyro(炎)」と「acantha(刺)」を語源とし、炎のような赤い実をつけ、枝にトゲがあることにちなみます。英語でも「Firethorn(炎のトゲ)」と呼ばれます。
和名は「常磐山査子(トキワサンザシ)」です。

【花言葉の由来】
花言葉の「燃ゆる想い」は、秋になると真っ赤な果実になり燃えるような姿になるからといわれています。
花言葉より
:
橋本 英夫
2021.04.21
庭の牡丹は、大小あわせて全部で15株あります。
赤、白、黄、ピンク、紫など、豪華に咲き誇る姿は、なんとも艶やかで気品があります。家族、皆が大切にしている花です。

【ボタン全般の花言葉】
「風格」「富貴」「恥じらい」「人見知り」

【花名の由来】
花名は、中国名の「牡丹」の音読みでボタンと呼ばれるようになったそうです。
原産地の中国では、花の豪華さと気品が他を圧倒するものとして「花王」、「花神」の別称もあります。

【花言葉の由来】
花言葉の「風格」「富貴」は、絹のように薄く大きな花びらが幾重にも重なり、まり状にまとまった重厚な花姿にちなんでいます。
花言葉より
 
:
橋本 英夫
2021.04.21

 可憐なようでいて、自己主張の強い花のように感じます。我が家の庭で存在感のある花の一つです。花言葉には似つかわしくない意志の強そうな花の咲き誇りです。

【ヒメウツギの花言葉】
古風、風情、秘密、謙虚

【ヒメウツギ花言葉の由来】
ヒメウツギの花の控えめな姿や、そのひかえめな美しさから、このような花言葉がつけられたと考えられています。

【ヒメウツギの花名の由来】
ヒメウツギの名前の由来は、幹の中が空洞になっていることから、空木と呼ばれるようになったと呼ばれています。


:
橋本 英夫
2021.04.14
花は咲いても、なかなか実をつけない我が家の花梨。今年は、例年になく実ができています。
優しく、大切に見守りたい。
秋に実が大きくなったら掲載しまーす。

【花梨の花言葉】
「愛情」「慰め」「癒し」

【花言葉の由来】
花言葉の「愛情」は、たくさんの大きな実をつけ、まるで感謝しお礼をしているかのようなナシの姿にちなむともいわれます。
花言葉より
:
橋本 英夫
2021.04.22
庭に咲く石楠花が咲くのが例年より一ヶ月ほど早い。
数本の石楠花が今から次々に咲き競うのを眺めるのが大変楽しみ。

【花言葉】
「威厳」「荘厳」「危険」

【花名の由来】
属名の学名「Rhododendron(ロードデンドロン)」は、ギリシア語の「rhodon(赤またはバラ)」と「dendron(木)」を語源とし、赤い花をつける木という意味になるそうです。
和名の石楠花(シャクナゲ)の由来は諸説あるようですが、漢名の石南花を音読みした「しゃくなんげ」が転訛して「しゃくなげ」になったといわれています。

【花言葉の由来】
花言葉の「威厳」「荘厳」は、シャクナゲの美しく豪華に咲く姿に由来しています。
また「危険」の花言葉は、シャクナゲの葉に毒があるからです。
花言葉より
:
橋本 英夫
2021.04.05
わが家のプランターに咲くチューリップ。
寄せ植えにすると可愛いというより豪快です。皆で庇いあってコミニュティを誇示しているようです。
しかし、一人(一本)で立つ姿は可愛さがあり絵になるのが「チューリップ」です。

【チューリップの花言葉】
思いやり

【花名の由来】
属名の学名「Tulipa(チューリッパ)」は、ペルシャ古語で頭巾を意味する「tulipan(ツルバン)」を語源とし、頭に巻くターバンとチューリップの花姿が似ていることに由来するといわれています。

【花言葉の由来】
花言葉の「思いやり」は、三人の騎士を思いやる美少女「オランダのチューリップ物語」に由来するといわれています。
花言葉より

【オランダのチューリップの物語】
〜心に響く、とってもイイお話しです〜
その昔、3人の男性に求婚された女性がいました。プロポーズした男達は、それぞれ「王冠」・「剣」・「財産」と、自分の魅力をアピールしました。
「王冠」は名声を、「剣」は強さを、「財産」は資産のアピールです。どれも魅力的です。
しかし、プロポーズされた女性は選ぶ一人よりも選ばれない2人を思いやり、男を選ぶことができませんでした。
そして、女性は花の女神のフローラにお願いして自分自身を花にしてもらいました。 
そして、3人の騎士達も仲良くチューリップを育てることになりました。
この物語から、チューリップの花は「王冠」を、チューリップの葉っぱは「剣」を、チューリップの球根は「財産」を、そして、つぼみは「愛される女性の純潔」をあらわすと言われています。
:
橋本 英夫
2021.03.30
庭に咲くジューンベリー。白い花が曇り空に溶け込んでしまっています。青い空だと映えるのですが、ちょっと残念です。

ジューンベリーの花言葉は、「穏やかな表情」、「穏やかな笑顔」です。
ジューンベリーの可憐な花やおいしそうな果実を見て表情がほころびそうになることから笑顔が花言葉になったのではないかと
考えられています。

ジューンベリーは小さな実をつけますが、熟していくと赤から濃い紫色へと変化していきます。

:
橋本 英夫
2021.03.28
私が大切にしている木瓜(ボケ)の盆栽。静かに咲いているのですが、秘められた情熱的で魅惑の赤い花。

【木瓜(ボケ)の花言葉】
ボケ(木瓜)は日本では平安時代から親しまれてきた花木です。江戸時代に品種改良が進んだと言われています。
花と実の断面をモチーフとした「木瓜紋」は、日本の五大紋のひとつです。その中でも、ボケの五弁の花をモデルにした「五つ木瓜(いつつもっこう)」は、織田信長の家紋になっています。

【木瓜(ボケ)の花言葉】
ボケ(木瓜)に一般的な花言葉は、「先駆者」「指導者」「熱情」「平凡」「退屈」「妖精の輝き」「魅感的な恋」などの意味があります。

【木瓜(ボケ)の名前の由来】
ボケ(木瓜)は、瓜(ウリ)に似ている果実が実るため、木になる瓜で「木瓜(もけ)(もっけ)」と呼ばれています。
この「木瓜(もけ)(もっけ)」が訛ってボケとなったと言われています。
:
橋本 英夫
2021.03.25
小さな花弁は、鈴蘭の花が連続して枝に咲き競っているようです。
我が家には、白と紫の木がありますが派手さもなく、ひっそりと咲いています。ところが不思議に存在感があります。

【馬酔木(アセビ)の花言葉】
「犠牲」「献身」「あなたと二人で旅をしましょう」
 
【花名の由来①】
属名の学名「Pieris(ピエリス)」は、ギリシア神話に登場する音楽と文芸の女神たち「Pieris」の名前にちなみます。
和名のアセビは、葉や茎などに有毒成分を含んでいることから「足しびれ」が転訛したともいわれます。
漢字の馬酔木は、これを食べると馬が酔ったようになってしまうことに由来しています。

【花言葉の由来②】
アセビは英語で「Japanese andromeda(日本のアンドロメダ)」と呼ばれます。
ギリシア神話に登場するエチオピアの王女アンドロメダは、国を救うために怪物の生け贄になりましたが、英雄ペルセウスに救われてその妻になりました。
花言葉の「犠牲」「献身」は、このギリシア神話に由来すると言われています。
花言葉より
:
橋本 英夫
2021.03.18
わが家の玄関先に咲く白い沈丁花、花言葉のように胸を張って気高く咲き誇っています。
独特の甘い香りで、来客者の心を癒やしてホッとさせてくれます。

【麒麟が来る・蘭奢待(らんじゃたい)】
 室町幕府3代将軍足利義満に、6代将軍足利義教、8代将軍足利義政、織田信長…、ときの権力者が欲しがったという香木(こうぼく)です。香木とは、芳香を持つ木片、木材のことで、一般的には伽羅(きゃら)・沈香(じんこう)・白檀(びゃくだん)を指します。奈良時代、中国を経由して聖武天皇の手に渡った香木は「蘭奢待」(らんじゃたい)と名付けられ権力や権威の象徴として天下人達のあこがれとなっていました。
この蘭奢待、沈香はジンチョウゲ科の樹木が幹の中に分泌した樹脂成分を採取したもので、樹脂は、傷ついたり、害虫に食われたり、風雨にさらされたりすることに対する生体防衛反応として分泌され、1000年以上の年月を経てようやく採取できるようになります。
聖武天皇によって名付けられた蘭奢待という雅名には、東大寺への愛情一杯で良い香りを意味する「蘭麝(らんじゃ)」を掛けたと考えられ、「蘭」、「奢」、「待」の各文字には「東」「大」「寺」の文字が入っていることから東大寺の別名とも言われています。

【沈丁花(ジンチョウゲ)の花言葉】
『栄光』『不死』『不滅』『永遠』
沈丁花の花言葉は、壮大な印象を与えるものが多く、これは、沈丁花が一年中緑の葉をつける常緑樹であることに由来しているそうです。
沈丁花は、中国南部からヒマラヤを原産とする常緑性の低木で、室町時代の中期頃に日本へ渡ってきました。
ピンクや白の花を咲かせ、葉は先端が尖った楕円形をしています。
結実すると1cmほどの赤い実をつけますが、日本に生息しているのは雄株ばかりなので果実をみることはできないのが残念です。

【名前の由来】
沈丁花という名前は、香木の「沈香」のようなよい香りがし、クローブというスパイスで知られる「丁子(チョウジ)」に似た花をつけることに由来します。また属名の「Daphne」は、月桂樹のエピソードで知られるダフネというギリシア神話の女神にちなんでいます。
花言葉より

:
橋本 英夫
2021.03.14
木陰でヒッソリと咲くローズマリー。
わが家のローズマリーは、黒色で妖艶な気配を感じさせます。
黒百合に似ているような気がしないでもない静かさが似合うはなです

【クリスマスローズ】
クリスマスローズは、キンポウゲ科ヘレボラズ属と呼ばれる多年草の1種です。クリスマスの時期に花を咲かせることで有名なのは「ニゲル」という品種のみです。
今は、いろいろな品種に対してクリスマスローズという名前が広く使われているようです。

【花言葉】
クリスマスローズの花言葉は色で区別されずに、色や品種を超えて、「追憶」、「慰め」、「スキャンダル」、「中傷」、「不安を取り除いてください」といった花言葉が使われています。

【花名と花言葉の由来】
もともとの原種ニゲルは、白色の花しか咲かせていなかったことから、これらの花言葉は「白色のクリスマスローズ」をイメージしたものなのではないかという説が有力です。ヨーロッパでは、ニゲルの白い花がイエスキリストが誕生した時に捧げられたという物語も伝えられており、キリスト教徒の人々にとっては真っ白で清楚なクリスマスローズが愛されているのだとか。

「不安を取り除く」や「慰め」の由来は、クリスマスローズの香りが、狂人を正気に戻したり、病人から悪臭を取るために使われていたことから来ています。クリスマスローズには、ほとんど香りのないものから強烈な香りのものまで色々。香りの強い品種はよく言えば柑橘系の果物や緑茶の香り。しかし、品種によっては薬っぽいニオイがしたりと独特のものもあります。

「中傷」や「スキャンダル」は、クリスマスローズの茎や根にある毒性から由来した花言葉。綺麗な見た目と裏腹に、見えない所に毒を秘めている様子をイメージしたものでしょう。
花言葉より

:
橋本 英夫
2021.03.08
今年の1月21日に、木蓮の蕾の画像を投稿しました。
その銀色の蕾が弾けて、いよいよ春本番の美しい姿を見せてくれました。
わが家の2階から見た木蓮。下から見上げた木蓮。
青空の青と白木蓮の白のコントラスト。青い空に吸い込まれるように咲き誇る。
花言葉が「高潔な心」。
なるほどと一人合点をして納得する。

ハクモクレン(白木蓮)の花言葉は「高潔な心」。

ハクモクレン(白木蓮)の特徴
白木蓮(ハクモクレン)は、別名ハクレン、ハクレンゲとも呼ばれています。
つぼみのときは銀色の毛で覆われ、白い美しい花を咲かせます。
花言葉より
 
:
橋本 英夫
2021.03.06

庭に咲く雨にうたれたラッパ水仙。
可憐なようでいて、実は、自己主張の強い花のようです。
群生している水仙は実に見事です。
我が家の水仙は群生にほど遠いですが、咲くと、なんともキレイです。
ラッパスイセンの花言葉
「尊敬」「報われぬ恋」

花名の由来
属名の学名「Narcissus(ナルシサス)」は、ギリシア神話に登場する美少年ナルキッソスに由来します。
「水仙」という漢名は、中国の古典の「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙という」に由来し、水辺で咲く姿を仙人にたとえたものと考えられます。花言葉より

花言葉の由来
花言葉の「うぬぼれ」「自己愛」は、水鏡に映った自分の姿に恋をしてスイセンになってしまった美少年ナルキッソスの伝説に由来しているそうです。花言葉より


 

: