COMMUNITY

コミュニティ

橋本 英夫

橋本 英夫

その他

百尺竿頭に一歩を進んで、事実の先にある真理・本質を見極め、それを掴むために今もなお歩み続けています。「草」は踏まれても立ち上がり、目立たず風に吹かれながら、そして飄々と生きながらも周囲を支える力と役割を担う。これは私の生き筋でもあります。この『つなぐ』の場を通して、現代版の“着だおれ”精神を受け継ぐハッピーケアメンテを創業した“おやじ”からのメッセージを発信していきたいと思います。

橋本 英夫
橋本 英夫
管理人
プロフィール
1949年、兵庫県高砂市生まれ。高校卒業後、大型プラントで使用するバルブや弁のメーカーにエンジニアとして従事。蒸気の流体制御機器の設計等に携わり、20歳代半ばで独立。1979年にECCハシモトを設立し、ドライクリーニングの石油系溶剤浄油再生装置の開発製造を依頼されたことをきっかけに、装置のランニングテストをおこなうため株式会社京都産業を設立し、「ハッピークリーニング」の名称でクリーニング店の経営に乗り出す。取次店を50店舗まで拡大させたが、業界を知れば知るほど改革の必要性を痛感。
拡大させた取次店を全て閉鎖し、2002年に株式会社ハッピーを設立。従来のクリーニングの常識を覆し、衣服を“再現”する『ケアメンテ』という新業態を創造し、業界から逸脱した独自の道を歩み始める。
インターネットと全国宅配を利用した無店舗型全国対応システムに切り替え、「アクアドライ」「リプロン」をはじめとする独自の衣服再生産技術と、自社開発のITシステムによって、全国のお客様へのサービス普及に尽力している。
2006年、従来の洗浄理論を覆す世界初の「無重力バランス洗浄」を発明し、方法論特許・装置特許を取得。シルエットや風合いを保ったままの水洗いを実現し、そのインダストリアル化に成功。地球環境に優しく人体に悪影響を及ぼさない画期的な洗浄方法として、有名アパレルブランドメーカーからも絶大な信頼を得ている。
2011年、経済産業省「サービス工学推進委員会」委員に就任し、自らの経営経験に基づき、日本のサービス産業における生産性向上とイノベーションの促進を実現するサービス工学の研究開発を推進する取組みに協力。
現在も『ケアメンテ』を通して大切な衣服を長く楽しみ最後まで着尽くすという京都の「着だおれ」の精神を、国内のみならず世界へ発信するため鋭意活動中。
おもな著書に『おもてなしIoTが日本経済を元気にする』(ハッピー社)、『サービス生産性向上への道』(ハッピー社)、『「捨てない」生き方』(ダイヤモンド社)、『サービス業の底力』(ダイヤモンド社)、『小さな会社の負けない発想』(致知出版社)、『クリーニング店の秘密』(東邦出版)、『クリーニング 深・進化論』(近代文芸社)などがある。
コミュニティのカテゴリー
その他
橋本 英夫
2018.01.26
早いもので、新年が明けて一月が終わろうとしています。
節分が近づくと、寒いけれど不思議に春の光が感じられるのが不思議です。
メジロも庭にやってきて、まもなく、庭の木蓮、マンサクが咲く季節になります。とは言いながらも、北陸、東北、北海道では、近年にない積雪で被害も少なくありません。また、東京では、マイナス4℃で48年ぶりの冷凍庫のような日が続いております。
 身辺お気をつけてご活躍ください。祈念いたしております。
 遅くなりましたが新年のご挨拶まで。


庭にやってきた メジロ (一寸ボケ気味)
:
橋本 英夫
2017.12.27
■テーマ・・・価値の大転換(その1)
 国際情勢がドッグイヤーと言われるスピードより、もっと速いスピードで変化し、進化し、造化しています。このスピードについていくのは至難の業であり、日本は国際社会の中で翻弄されることが予測されます。
特に、ICT・IoT・AIの情報処理・通信技術によって、モノ・コトの価値が激しく変動し、近代資本主義の限界を迎える可能性があります。
ちょうど、18世紀にイギリスで起きた技術革新による産業革命と似ており、産業構造の変化によって経済が発展し、それに伴って社会構造が大変革するからです。変革は、一部の社会層に歪みが入り痛みを伴うところもありますが、人類のためには避けて通ることのできない道でありますが痛みは小さいに越したことはありません。
例えば18世紀の産業革命は、印刷機の発明が修道院で神に仕える修道士(ブラザーやシスター)の仕事を無くしてしまいました。また、蒸気機関車の発明によって、一度で大量の人と物の移動が可能になったことで、当時の馬車遣いの人たちが路頭に迷ったのと同じようなことが起こります。
このような負の要素は一過性であり、それに代わる新たな産業の雇用が生まれて、新たな価値の創造へと変化していきます。変化は、人類を進化させて自然界の造化となっていきます。
時代の流れとともに、21世紀の産業革命と言われる情報・通信の技術革命は、価値の転換を起こし、旧いモノは希少的価値へと引き継がれて歴史を刻むことになります。つまり、「モノ」からカタチの無い「コト」というサービスに移行していきます。じつは、それが、今の日本社会に起ころうとしているのです。

この続きは、新年が明けましたら投稿いたします。
では、読者の皆さんがお健やかに新年を迎えられますことを祈念いたしております。
:
橋本 英夫
2017.12.15
続き
このように、お客様が気づかないあいだに植え付けられた衣服の寿命に対する常識を破って、“いつも新品”を着続けられるようにするのが「ケアメンテ」です。
つまり、クリーニングで落ちない劣化(酸化)してしまったシミ汚れや黄ばみを除去し、繊維の風合いや色彩を蘇らせ、高度な技(わざ)を使ってシルエットに命を吹き込んで、新品同様の状態に復元していきます。それが、自然循環型の再生産サービスであり「ケアメンテ」なのです。このような問題を解決するために、四十年ほどの歳月をかけて「ケアメンテ」を創りあげてきました。
お洒落の本質は“いつも新品”を楽しめることであり、それが本物のお洒落の価値です。袖を通したときの“いつも新品”の気分は、心を湧き立たせて元気にしてくれます。その役割を全社員の「クラフトスペシャリスト」が担っているのです。ハッピーの「クラフトスペシャリスト」は、物性の知識技術と、人間の高度な感性で “いつも新品”を提供することに心を燃やしています。お客様は、そのような「クラフトスペシャリスト」の仕事を心待ちにしてくれています。丁寧に、丹念に、入念な仕事で、本物の感動品質をお届けすることが私たちのミッションです。
本物の感動品質は、ケアメンテ=再生産による衣服の新たな価値を生みます。
衣服の新たな価値は、永続して世の中の役に立つことになり、世界の誰からも愛されて羨ましがられる一流企業になっていきます。一流企業は、社員一人一人の所得の向上、福利厚生の充実、生活・暮らしのエンジョイライフスタイルを完成させます。すでに「ハッピー」は、エンジョイライフスタイルの道を歩みはじめているのです。私たちは、このために存在し“百尺竿頭に一歩を進む”を実践し、ステークホルダーの皆さんと共に“ハッピー”な一流企業を創出したいと日々の研鑽に努めてまいります。 
:
橋本 英夫
2017.12.15
皆さん、こんにちわ。
二回に分けて投稿します。
今日のお話は、少し硬めのお話をしてみます。最近、エコシステムという言葉を耳にするようになりました。エコシステムとは、国境も超えて、全く異質な企業が相互利益を求めて連携し、有機的に結合して、それらが循環する収益モデルを構築する。垂直関係も含めて、水平的な協力関係維持を追求する。つまり、自然界の環境要素である循環の「生態系」を模した経営を科学的な経営・IT用語にした造語と言えます。
 この地球環境の「生態系」を大切にする企業に投資をしようとヨーロッパではじまったESG(Environment Social  Governance)投資も、現状の利益確保に走らず環境保護を未来成長の視野に入れながら責任投資原則から投資をするというもののように思われます。
 つまり、自然を大切に、共存・共創にしていく企業が未来に生き残っていくといことでしょう。

ハッピーケアメンテサービスは、自然循環型のサービス産業を20年前から訴え続けて、ようやく、世界が、そのようになってきたと言えます。例えば、クリーニングを重ねているうちに“黄ばんで赤茶けて襟や袖口が黒く”なってきた。嫌なニオイがする。なかったシミが浮き出てベタッとして重くなってきた。シルエットが壊れて風合いが無くなって固くなってきた。だんだん収縮してきた…などなど、大切なお気に入りの服や高級で上品質な服ほど悩みが尽きなくなってきます。
ハッピーをご存知ないお客様は、このようなことは「服の寿命だ」という思い違いと諦めで、大切な高級・上質衣服を捨てざるを得ない状況に追い込まれています。その一方では、“着たら汚れるのがもったいないからクローゼットに仕舞いこんでいる”というお客様もおられるのが現実です。
このように、お客様が気づかないあいだに植え付けられた衣服の寿命に対する常識を破って、“いつも新品”を着続けられるようにするのが「ケアメンテ」です。続く


:
橋本 英夫
2017.12.15
今日から「つなぐ」トップコミュニティのコラムを担当することになったハッピー」代表の橋本です。
テーマは、サービス経営・政治・経済・社会・人生観を私のなりの切り口でお届けしていきたいと思っております。
どうぞ、ヨロシクお願いいたします。

さて、師走も中旬になり世間では、ジングルベルの曲が流れて少しずつ年末の雰囲気が盛りあがって気忙しい今日この頃です。
我が家の孫たちは、小さなクリスマスツリーを七夕飾りに見立ててプレゼントの希望をカードに書いて、楽しみにしています。
プレゼントは、パパママからか、ジジババからか、それともサンタクロースさんか、子供にとってみれば欲しい物を手に入れる年に数度の絶好のチャンスなので一所懸命です。
カードを見せて、「これ、サンタさんにお願いしてるの」と、ひとしきりはしゃぐのを見ていると純粋な子供たちの笑顔と笑い声が、サンタクロースからの大人に対する最高の贈り物のように思います。

そんなこんな中、今年の冬は南米のチリ沖にラニーニャ現象が起きているとか。ラニーニャは、海水の温度が平年より低いことによって起こる現象のことで、ラニーニャが起きた年は厳冬になるというのが気象庁の発表です。
特に雪の多い地域の方々は万全の対策が必要のようです。

それぞれにサンタクロースからの贈り物であったり、自然界からの好ましくない贈り物であったりします。
でも、厳冬による積雪は、スキー場の経営にとっては無くてはならない贈り物、また、雪による伏流水は、美味しいコメが採れて、美味しいコメは美味しい水によって美味しい酒が造られます。
それぞれの立場で、嬉しいもの、ありがた迷惑のもの、しかしながら、天災は無いのが良い。
いずれにしても元気に生きていることが、サンタクロースさんからの最大の贈り物かもしれません。
ということで、分かったような、分からないような初めての投稿を終わります。
: