クリーニングの駆け込み寺ハッピーケアメンテ。高級な衣服をケアメンテしています。
KNOWLEDGE

おしゃれの雑学

ドライクリーニングの実態

ドライクリーニングの長所と
短所を徹底解剖

ドライクリーニングって何?

ドライクリーニングって何?

英語の辞書でドライを調べると【dry:かわいた, 乾燥した】とあります。
この意味から、ドライヤーの風で洗うのかと思っておられる方が意外と多いようです。

実際は右の写真のように揮発性の溶剤で家庭洗濯と同じようなドラム洗濯機で洗浄します。
水洗いは洗浄水で洗い、きれいな水に入れ換えながら濯ぎますが、ドライクリーニングは同じ液をペーパーフィルターと活性炭で、ろ過しながらグルグルと循環させて洗っています。
そのため、利用回数が多くなるとだんだんと溶剤が汚れてきてしまいます。

ドライクリーニング独特のニオイ

ドライクリーニング独特のニオイ

通常は、溶剤が汚れる前に溶剤の交換をおこないますが、溶剤がコーヒーのような色になっても交換せずに使っているところもあるようです。
コーヒーのような色は預かり品の汚れや汗が濃縮されたもの、さらにベースタンクの中で腐敗してしまい、独特のニオイ(脂肪酸臭)を発するようになります。
実はドライクリーニングのニオイと思っているのは、この腐敗したニオイなのです。

ドライクリーニング独特のニオイ

ベースタンクの中に溜まった汚れや汗が濃縮されたもの、さらにベースタンクの中で腐敗して脂肪酸に化けてニオイを発します。これを、ドライクリーニングのニオイだと信じ込んでいます。

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 しょうゆと口紅編

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 しょうゆと口紅編

汚れには水性の汚れと油性の汚れがあります。
洋服の場合、皮脂汚れ等の汚れは油性の汚れ、タンパク質、アンモニア、塩分等の汚れは水性の汚れです。
この洋服の汚れを再現して、布にしょうゆ(水性)と口紅(油性)をつけた「テスト布」2枚を用意します。

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 しょうゆと口紅編

水の入ったビンと石油系溶剤(ドライクリーニング溶剤)の入ったビンを用意します。
水の入ったビンは水洗い、石油系溶剤の入ったビンはドライクリーニングで起きていることを再現します。

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 しょうゆと口紅編

それぞれのビンにあらかじめ準備した「テスト布」を入れて、密閉します。

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 しょうゆと口紅編

両方のビンを同じように上下に強く振り、洗濯機で洗っている状態を再現します。

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 しょうゆと口紅編

ドライクリーニング:
油性の汚れ(口紅)が溶け出して、かなり薄くなっているのがわかります。溶剤にも口紅が溶けて少しピンク色になっています。
水性の汚れ(しょうゆ)はそのままの状態です。

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 しょうゆと口紅編

水洗い:
油性の汚れ(口紅)は落ちません。
水性の汚れ(しょうゆ)はキレイに落ちています。

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 しょうゆと口紅編

ドライクリーニングは、油性の汚れを落とすことには威力を発揮しますが、その他のたんぱく質やアンモニア、塩分といった水性の汚れを取り除くことができません。
一方、水洗いは水性の汚れには威力を発揮しますが、油性の汚れを取り除くことは難しいことがわかります。

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 トイレットペーパー編

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 トイレットペーパー編

水の入ったビンと石油系溶剤(ドライクリーニング溶剤)の入ったビンを用意します。
水の入ったビンは水洗い、石油系溶剤の入ったビンはドライクリーニングで起きていることを再現します。

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 トイレットペーパー編

両方のビンに同じぐらいの大きさのトイレットペーパーを入れます。

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 トイレットペーパー編

両方のビンを同じように上下に強く振ります。

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 トイレットペーパー編

水:
トイレットペーパーが溶け出し、もろもろの状態に。水の場合、紙の繊維に負荷がかかりばらばらになります。

ドライクリーニングと水洗いの違いを実験 トイレットペーパー編

ドライ溶剤:
トイレットペーパーはもとのまま、破れもなく。取り出して確認しても、変化は確認できません。

ドライクリーニングと水洗いで同じスーツを洗いました

ドライクリーニングと水洗いで同じスーツを洗いました

水:水洗いの特性である、縮み、変形が起こり、繊維に負荷が掛かっていることがわかります。

ドライクリーニングと水洗いで同じスーツを洗いました

ドライクリーニング:縮み、変形が起こらず、洗う前の状態と変わらない。繊維に負荷をかけないことがわかります。

二律背反の問題を解決

シミ・汚れ・黄ばみを落とせば、繊維やシルエットがダメになる。繊維やシルエットを大切にすれば、シミ・汚れ・黄ばみがキレイにならない。
この二律背反する課題を解決したのが水油系・アクアドライです。

close

デリケートなシルクは、 日頃のお手入れが大切です。 「さがす」ケアメンテ事例集 素材:シルクで検索すると・・・

戻る
pagetop