COMMUNITY

コミュニティ

高野 雲

高野 雲

音楽

ジャズ漬けの日々を送っているためか、日常を切り取る眼差しも無意識に「ジャズ目線」になってしまっているようです。古き良きジャズが持つ遊び心、抑圧をぶち壊すパワーに憧れ、座右の銘は「人生アドリブ」。何事も勢いとノリが大事だぜ!なんて嘯きつつ、いい年こいて自爆を繰り返す日々です。手垢のついたスタンダードナンバーに新たな命を吹き込むジャズマンのように、面白くなきことも面白く語れれば最高です。

高野 雲
高野 雲
管理人
プロフィール
ジャズをガソリンに音と活字を遊び倒す雑文屋。横浜本牧生まれの東京下町育ち。
10代後半ジャズに目覚め、勉強そっちのけでジャズ喫茶に入り浸る日々を送る。
ジャズベーシストに師事し、「ジャズ研」ではベースを弾きまくり、バイト先の老舗ジャズ喫茶ではコーヒーを出しながら「ジャズ耳」を鍛え、「ジャズ」と名のつく書籍・雑誌は片っぱしから読み漁る学生時代を過ごす。
出版社に就職後は、仕事の傍らジャズのレビューを自サイトや、音楽系Webサイト、フリーペーパーなどに書き散らし、2005年に邱永漢氏の公式ウェブサイト「Hi-Q」に「JAZZが好きだと答えてみたい~ダテから入ってツウになれ」への連載をきっかけに、『Swing Journal』や『ジャズ批評』などのジャズ専門誌にも寄稿を開始。
2008年に独立、フリーとなり、東京FMミュージックバードでラジオ番組「高野雲の快楽ジャズ通信〜What Is This Thing Called Jazz?」にて2年間メ インパーソナリティを務めジャズの魅力を発信。同時に、都内複数のイベントスポットやミュージックラウンジにて不定期にジャズ鑑賞会「音聴き会」を催す。趣味は映画鑑賞とガンプラ作り、電信柱&クレーンのウォッチング。
主著に『超!音楽鑑賞術』(ヤマハ・ミュージックメディア)、『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』(シンコーミュージック・エンタテイメント)がある。
個人サイト「カフェモンマルトル」http://cafemontmartre.tokyo/
は、ほぼ毎日更新。気軽に遊びにいらしてくださいね。
■ 「快楽ジャズ通信」http://jazzpleasure.seesaa.net/
コミュニティのカテゴリー
音楽
高野 雲
2019.12.07
香港製の模型を組み立ててみました。
ドラゴンモデルズというメーカーのものなんですが、

いやぁ、日本のキットに作りなれている身体からしてみると、
作りにくい、大変大変です。

逆にいえば、いかに日本製のプラモデルが
細部まで手を抜かずに作られているのかが、
よ~く分かりました。

作ったのは、第二次大戦中に満州やシベリアを疾走した
ソ連のトラック。

部品がうまくかみあわないところが多く、
そういうところは強引に瞬間接着剤でくっつけてしまいましたが、
かえって、パーツのズレが
ソ連のオンボロなトラックのイメージを
引き立ているんじゃないかと、自分に言い訳……
:
高野 雲
2019.11.29
プラモ好きと公言しておきながらも、
じつはフィギュア(人形)の塗装が大の苦手で、
付属フィギュアの少ない模型を選んで作っていました。

しかし、これじゃアカン!と思いまして、
強制的に苦手意識を払拭するために選んだキットが、
フィギュア6体付き(!)の
イギリスのチャーチル戦車。

戦車はあっという間に完成でしたが、
いやはや、フィギュア塗装には苦労しました。

しかも兵士だけではなく、
農夫やミルク缶を運ぶ手押し車(?)もついているので、
塗り分けるのに苦労しました。

でもまあジャズを聞きながら
だらだらとはみ出しては修正し、
はみ出しては修正しを重ねているうちに、
なんとか完成。

陣中見舞いをする農夫、
ワインを手渡される戦車兵、

ほんの少しだけフィギュアに対しての
苦手意識がなくなったような気がします。
:
高野 雲
2019.11.20
ロシア戦車を2輌作ってみました。

昔から、戦車模型を作るのが好きだったのですが、
各国の戦車を作り比べるだけでも、
国民性がよくわかります。

ドイツ戦車はめちゃくちゃ細かい。
こんなところまで?!と痒いところまで配慮が行き届いており機能的。

ロシア戦車はその対極で、めちゃくちゃ大雑把。
細かなところは大胆に省略。

アメリカ戦車はその中間といった感じで、中雑把(?)。
だけど非常に合理的。

イギリス戦車は、、アメリカほど合理的でもなく、
ドイツ戦車ほど細かくもないのですが、
どこか気品というか、こだわりみたいなものを感じる。

あくまで個人的な感想ですが、にはそんな感じがします。


http://cafemontmartre.tokyo/kv1c_tamiya/

http://cafemontmartre.tokyo/blue_kv2/
:
高野 雲
2019.11.04
『ジャズ批評』の今月号の特集は、
「私のとっておきのジャズ・ヴォーカル」。

この特集記事に私も5枚セレクトして寄稿しています。

他の撰者の方は、
けっこう基本的というか、
オーソドックスなセレクトをされていますので、
この号は、「ジャズヴォーカル入門」にもなるかもしれません。


ご興味のある方はご一読ください。


https://youtu.be/nGS8wPDwVNs



:
高野 雲
2019.10.30
YMOの『BGM』に夢中になっていたという方も多くいらっしゃると思うのですが、
このアルバムの1曲目の《バレエ》という曲、
細野さん(細野晴臣さん)のシンセベースのベースラインも
なかなかツボなのです。

打ち込みのベースではあるのですが、
シンセベースの音価と、
ベースラインが非常にユニーク、
というか、細野さんならではのテイストを
かもし出しています。


高橋幸宏・作詞作曲のロマンティックな曲でありながらも、
さすが、YMOというか、
異なる個性が加わることによって、
単なるロマンティックなナンバーにはとどまらない
YMOならではのサウンドに消化されているところが素晴らしい。


以前、このナンバーのベースラインを研究していた際、
シンセサイザーで打ち込んでみた音源があったので、
YouTubeにアップしてみました。

▼こちら
https://youtu.be/qjMzGETRQnw

前半は解説となりますが、
YMO好きにとっては
目からウロコな新しい視点を発見できるかもしれませんので、
ご興味のある方は是非、
お聞きになってみてください。



:
高野 雲
2019.10.20
ドイツの対空車輌、メーベルワーゲン、完成しました。

最近は、模型専用塗料のみならず、油彩(油絵の具)を使って汚しをかけることが多くなってきています。

模型用の塗料は乾燥が速いことに対して、油彩は乾くのが遅いんですね。

そのメリットを活かして、乾くまでの間、いろいろと筆を動かしてゴチョゴチョすることが出来るので、微妙な色合いの変化をつけることが出来るのです。

とはいえ、まだまだ試行錯誤中ではありますが……。
:
高野 雲
2019.10.13
先日の台風19号。
東京の下町、かなり吹き荒れました。
外に出れず、家の中に引きこもるしかなく、そんな時だからこそ、じっくりと細かなパーツが多く、作るのが面倒いなぁと思っていたドイツ戦車作りにせっせと励んでいました。
完成するまで時間がかかるだろうなぁと思っていタミヤ1/35スケールのメーベルワーゲンですが、なんと半日でサクッと組み立てが完成してしまいました(塗装は後日しますが)。
細切れにならず、たっぷりと使える時間を確保できると良いですね。
:
高野 雲
2019.10.11
先日、岩本町(エリア的にはほぼ秋葉原)にある、繁栄お玉稲荷大明神を参拝してきました。

中小企業のオフィス街がひしめく中にひっそりとたたずむ小さな神社です。

ただ、かつては太田道灌や伊達政宗が参拝したそうです。
しかも、このあたりは、昔、不忍池よりも広大な池があった場所とのこと。

現在の町のたたずまいからはまったく想像ができません。

:
高野 雲
2019.09.29
神社めぐりも面白いもんだなぁと思い、
その翌日(明治神宮参拝の翌日)、
今度は新宿の花園神社に行ってきました。

どこかで見た風景だなと思って、
あとで調べてみたら、
そうそう、『太陽にほえろ!』で
ボギー刑事(世良公則)が殉職した場所だったのね。


『太陽にほえろ!』懐かしい。


しかし、今考えると、
若手刑事が殉職しまくる七曲署って、そうとうヤバい職場ですよねw
:
高野 雲
2019.09.29
明治神宮の杜の木って、
現在は3万6000本もあるそうなんですが、
当初は10万本以上も植木されたということを知り、
「へ~」と思い、
先日ふらりと出向き、参拝してきました。

たまには静かで深い杜に囲まれた参拝道をゆっくりと歩くのも良いものですね。
:
高野 雲
2019.09.22
最近は飛行機プラモにも手を出し始めているのですが、
肩慣らしに作ってみた
『紅の豚』に登場する、カーチス水上機が丸っこくて可愛くて、
個人的にはなかなかツボにはまっております。
:
高野 雲
2019.09.12
先日の六本木ジャズフェスティヴァル、
無事に終了しました。
オープニングトークの模様、
動画でアップしていますので、
よろしければ、どうぞ。

https://youtu.be/CNP4BRW_17o
:
高野 雲
2019.09.08
スイスの貯水池にある巨大ダムの中で演奏!
それもバリトンサックス(あるいはアルトサックス)1本で。


ヴェルナー・ルディの『ルチェンドロ』。


パワフルなプレイ、
すごく深い音響です。

ジャズとして、ではなく、
巨大な音の構造物として聴くと吉♪


▼解説動画
https://youtu.be/63oTBFbpoFQ





:
高野 雲
2019.09.01
いよいよ、今週の土曜日(9/7)に、
六本木にてジャズ祭「Jazz 2.0」が催されます。

東京にお住まいの方、
東京にいらっしゃる方は、
ぜひ六本木にいらしてくださいませ。

https://expo.jazz2-0.com/
:
高野 雲
2019.08.25
アマゾンの火災、大丈夫なんだろうか?
などと考えているうちに、聴きたくなってしまったのが、ウェイン・ショーターの『モト・グロッソ・フェイオ』。

意味はアマゾン河。

フリージャズ一歩手前な肌触りの演奏かもしれませんが、チック・コリアが叩き出すマリンバの音色が心地よし。

https://youtu.be/sFO9-G0cODg
:
高野 雲
2019.08.11
暑い夏を吹き飛ばすアルバム2枚を紹介!

動画で解説もしています。

▼ムーヴ・ユア・ハンド/ロニー・スミス
https://youtu.be/siyT23A9EAE

▼トム・キャット/リー・モーガン
https://www.youtube.com/watch?v=oH7QbGJ3seM
:
高野 雲
2019.08.06
暑い夏は辛いカレー!

ということで、
私がよく行くカレー屋さんは、
神保町にある「エチオピア」というカレー専門店です。

ここは70倍まで辛さを選択することができるのですが、
もちろん、普通の辛さでもおいしいのですが、
私の場合は、だいたい40倍以上の辛さにしています。

辛くなっても、きちんとスパイスの風味とコクがあり、
しかも、暑い夏こそ、体内が辛さでスッと爽やか!

http://cafemontmartre.tokyo/etiopia_curry/
:
高野 雲
2019.07.27
今年の9月7日、8日に、六本木にて「六本木ジャズフェス2.0」が開催されます。

その際、六本木のジャズクラブ「サテンドール」にて、オープニングトークをさせていただくことになりました。


2019年9月7日(土)
16:00~16:30
司会進行:濱田真秀(Jazz2.0株式会社代表取締役社長)

ジャズにちょっとでも興味のある方がいらっしゃれば、9月上旬の週末、ぜひ六本木にいらしてください。

イベントについて詳しくは、下記サイトをご覧ください。
▼Jazz 2.0
https://jazz2-0.com/

▼会場:六本木サテンドール
https://www.satin-doll.jp/

▼YouTubeでも軽くジャズフェスについて語っています
https://youtu.be/I9xPafipX80
:
高野 雲
2019.07.19
最近、ヤフオクにハマッていて、
というか、やり方がだんだん分かって(慣れて)きました。

ですので、
押入れの奥のほうに「死蔵」された、
昔買って、結局作っていないプラモを
どんどんオークションに出品しています。

手放すのは惜しいけれども、
中には、20年、いや30年以上も前に買いこんで、
後生大事に持っているプラモも多数ありまして、
「いつか」作るつもりだったんですが、
その「いつか」がこないまま今日に至るという感じ、

であれば、欲しい人の手に格安で渡ったほうが
プラモのためでしょうと思い、
少しずつですが、昔のプラモや完成品を
オークションに出品しています。

中にはレアものもありますので、
ご興味ある方は、
出品中のものをブログに掲載していますので、
▼チェックしてみてください。
http://cafemontmartre.tokyo/yahoo_auction/
:
高野 雲
2019.07.02
年末からYouTubeをしこしことアップしていますが、
その中でも、ジャズのアルバムのレビューを365日ぶん紹介するという
ある意味「荒業」に挑んでおりまして、
先日、ようやっと、
「6月30日のジャズ」をアップ。
これで1年の半分が終了。
ようやく折り返し地点です。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL_txnj6R...

よろしければ、ご覧になってください。

:
戻る
ページトップ
close

デリケートなシルクは、
日頃のお手入れが大切です。
「さがす」ケアメンテ事例集
素材:シルクで検索すると・・・